かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

やりたいことリストの作り方

まだまだ日本脱出には時間がかかりそうで、うんざりしてる日々です。

先週はまーじで駄目駄目だった。

何でこんなに何もしたくないのか?って考えたら、単純に「天気が悪いから」という理由に行きついたところ。

そうだ、自分、通常の生活でも天気悪いと機嫌悪くなるんでしたわ…。

ほんとに絶望☆みたいな気分になってどうしようかと。

本日は良いお天気なので、大変に元気です。

 

無理すぎて、「何か楽しいことないかい…???」と考えた結果、海外旅行について調べて、やりたいことリストを充実させていた。

ちょっと前までは、「コロナてめーのせいで海外旅行消えたぞクソが」という怒りの気持ちが強すぎて、(っていうか現時点で海外いたはずだし)ガイドブックとか見るとイライラが止まらなーいってメンタルだったけれど、

やりたいことリストにどんどん書いていこー!と思うと結構楽しく調べられる。

 

こちら、私が前に書いて今も更新し続けている、やりたいことリスト。

 

katywoyton.hatenablog.com

 

「やりたい100のこと」ってタイトルにしているけれど、気づいたら普通に100オーバーしてる。

ウィッシュリストって流行ったよね?それです。

私流のリストアップの仕方を紹介してみたいと思うので、これから作る人は参考にしていただきたい。

 

 

①いつでも見られるものに書く。

私の場合はブログということですね。

昔は大変充実した手帳を作ってたんだけど、働き始めてまーーじーーでーー時間が無くなり、手帳を可愛くするのは断念。

あと、仕事用とプライベート用分けるのは面倒くさすぎる。

かといって、仕事用をキラキラさせるわけにもいかんし。

おしゃんなノートに書くという手もあるけれど、そのおしゃんなノートをなくす自信しかない。

日経Womanのノート・手帳特集見たり、LOFTの手帳とかノートコーナー見るのは大好きなんだけどね…。

中途半端にこだわりが強くて、絶対途中で気に入らなくなる気もするし。

ということでブログ記事に書く。

手軽に更新できるし、消すのも簡単。

すぐ見られるものに書くのが大事だと思われる。

 

 

②達成したか客観的に判断できる書き方

結構、ブログとかに上がっている人のウィッシュリストを拝見するんですがね、「これ、いつ達成したって分かるんですか?」みたいなのが多くて、気になってしゃーない。笑

「早寝早起きの習慣化」みたいな。

早寝早起きとは何時就寝何時起床で、習慣化とはどれだけ続けばいいの?っていう。

こう書くと、ウザイ詰め方をしている嫌な上司みたいでまじ嫌だ。笑笑

何で達成したか分かるようにしたいかというと、「クリアした!」と思ったら線引いて消せるから。

このリスト、消す瞬間って気持ちよくないですか?

いつ達成したのか/するのか、わからないモヤモヤを抱えずに、気持ちよく線引いて消せるためにも、「どこが達成地点なのか」を明らかにしています。

 

 

③「死ぬまで」スパンで書く

「2020年にやりたいことリスト」を作ってもいいんだけど、それはあくまでサブで、先に「死ぬまで」スパンで作った方が私にはしっくり来た。

一年間のリストで作ってみたこともあったけれど、「いやーーこれは物理的金銭的に無理」ってなり、夢と意欲が損なわれる。

死ぬまでにヨーロッパ制覇したいと思っているけれど、一年以内に終わらないのは分かっているし、じゃあ今年どの国行きたいって書くのかと聞かれると未定ですし。

死ぬまで、ってスパンの方が大胆に書けるから良い。

 

 

④具体的に書く

この記事を書くにあたり、ウィッシュリストの作り方をググってみたところ、「抽象的で良い」というアドバイスを発見したんですがね、自分の夢を書くなら具体的な方が良くない???

具体的に書くために調べるのがワクワクして楽しいんじゃないのかなと。

だから、単に「アメリカに行きたい」でなく、「アメリカの国立公園に行きたい」って書く。

だって、「アメリカの国立公園に行きたい」と「アメリカのディズニーランドに行きたい」は別じゃない?!笑

そういう些細なのが気になってしまうんですよ。笑

逆に、どっちか片方達成したら多分満足するであろうものは並列させている。

アメリカのディズニーかユニバ」みたいな。

今、どこも行けないから、これを具体的に書くために旅行情報をあさりまくっててめっちゃ楽しい。

 

 

⑤カテゴリーで分ける

私は、旅行か人生か買い物系かで分けている。

分ける理由は、何を書いたか分からなくならないようにするため。

あと、おんなじジャンルが偏りすぎないようにするため。

多分放っておくと、旅行の希望しか書かなくなると思って。

せめてジャンル分けしたら、まんべんなく書くかなーという希望的観測。

案の定、旅行が一番多くはあるんですが。笑

色々調べたり、経験しないことには、幅広いジャンルでは書けないんだよね。

知らないことは書けませんから!

なので、いろんな方面にアンテナを張って、興味のあることを探すようにしている。

 

 

 

⑥難易度の濃淡をつけて書く

本当にやりたいことって、どうにもこうにもハードルが高かったりする。

全部、120%やりたいことだけを書いていくと、実現可能性が低すぎて落ち込むから、「暇があったらやりたいなー」ぐらいのことでも書く。

先述の通り、このリスト、消すとき結構気持ちいいんだよね!

なので、気持ちよーく消せる機会を増やすためにも、「めっちゃムズい」から「ちょっと頑張れば出来る」まで、幅広く書く。

あと、段階を踏めるものは、ある程度段階別に書く。

例えば、富士山からご来光~は登山未経験者の私には割と難易度が高いので、控えめに高尾山の項目も作ってある。

(高尾山も行く予定あったのにな…これはコロナのクソのせいじゃなくて、仕事で流れちゃった。)

「一番やりたいのは〇番だけど、そのために△番を達成する」みたいな書き方をすると現実的で良いかなと思います。

ただし、この「△番」の方がワクワク出来る内容じゃないなら書かなくて良し。

 

 

とまあ、こんなふうに書いています。

リスト見て、「わ~楽しそう~♡」って自分が思えるかどうかが一番大事。

あとは、ちゃんと見返す機会を作ることですかね。

ちなみに、自分のリストの中で今一番やりたいのは「アルルへ行く」なので、早くコロナさんにはすっこんでいただきたい限りです。