かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

20代最後のバースデー

さて、20代最後の誕生日を迎えてしまった。

私、毎年何していたかなーと思い、記事を振り返ってみた。

 

去年↓

katywoyton.hatenablog.com

 

 一昨年↓

 

 

 

それ以前の年は言及無しでした。

 

昔の日記を読んで、私ってばやはりアグレッシブ…と思った。

大体、どこかに出かけて何かをやっていた話か、仕事の話。笑

自粛生活は本当に向いていない。

 

いよいよ、20代最後の一年になってしまった。早っ!怖っ!!

予定では、脱Japanして、新しい場所で全力投球しているはずだったんだけどなー…。

人生におけるワースト誕生日3位までに入りそう。

ちなみに第1位は修士2年の時…いろいろありましてね…(遠い目)

 

毎度、誕生日には抱負とか目標とかを高らかに宣言することにしているのだけれど、この現状ではする気になれないので、雑感程度に。

 

自分の機嫌をコントロールしながらインプット多めで

今、私の最大のミッションは、自分の機嫌をうまくコントロールすること。

普段だったら機嫌を上げていくべきだけど、今はもうその点についての高みは目指さずに、テンション落とさないことだけ気をつけていく。

自粛生活で、一度テンション落とすと上げるきっかけも無いんですよね。

機嫌をコントロールするもっとも効率的な方法は、生活リズムの固定だと思っているので、それを心がけます。

「インプット多めで」については、よくビジネス書とかでは「アウトプット大事!!」みたいな話を見るから、アウトプットした方が良いかなと思ってたんだけど、教員という仕事自体がアウトプットの塊なので、今はインプット重視で良いかな。

特に時間のある今ならいっぱいインプットできると思うから、これからに役立つ知識を入れていきたいですね。

読書ももっとしたい。

 

katywoyton.hatenablog.com

 

英語の勉強については、アウトプットする機会を増やしていかないとーと思っている。

今、週1英会話+英文添削を週4本(task1と2×2)をやっているけれど、英会話もうちょっと増やすかなあ。

 

今、目の前の仕事をこなすためのインプット+αの部分をどれだけ増やせるか、っていうのを頑張りたい。

頑張りすぎて機嫌悪くならない程度に。笑

 

好意的に生きる

好意的ってこの使い方合ってんのかな?笑

自粛し続けて思ったことは、私、人(特に家族以外)と関わるがやはり好きなので、良い人間関係を築いていきたい。

どんな人に対しても(相容れないタイプでも)、なるべく好意的に、心を開いて接していこうと思います。職場変わるし。

前職は、最初一年間ぐらい心閉ざしていたから(笑)、今回は広げていきたいなー。

年上になればなるほど、絡みづらくなるものなので、謙虚にいたい限り。

まだ偉ぶれるほど、人間出来上がっていないので。

 

あと、自粛生活でめっっっちゃ思ったのが、マジで彼氏が欲しい。笑

何でできないのか、結構真剣に考えたんだよね。笑笑

で、思うに、自分はコミュ力はそれなりにあるし、うわべの愛想はかなり良い方だけど(初対面デート、誰とでも3時間は談笑できる。アプリで実践済み)、多分心開いていないと思うんだよね!

毎日行く職場ですら、心開くのに一年かかってんだから。シャイかよ。

何か、「歩み寄る」って言っちゃうと上から目線すぎるけれど、なんてゆーか、弱みも見せて飛び込む勇気を持ちたい…。

 

人生において、パートナーと呼べる人がいなくて外に出ていけない生活がこんなにも味気ないということをビシビシ痛感するまたとない機会なので(笑)、

この気持ちを忘れずに、どんな人にも心を開いて生きていこうと思いますよほんとに。

 

積極的な気持ちで仕事する

30超えたら、なかなか下っ端扱いしてもらえなくない?

現時点でも、ピカピカの新人からは程遠いけど、新しい職場でなら新人。

下っ端として色んな人の教えを乞うラストチャンスだと思うので、仕事は積極的にやる。

具体的には、①面倒や問題を先送りしない、②ダルい仕事だとしても、自分のためになるものなら積極的に手を上げる、の二点。

②は、教科系・国際関係・進路系かな。

 

とりあえず、新天地での数年間は、死なない程度にワークライフバランス無視で良いかなと思っているので、がむしゃらに頑張りたい。

それやらないと、結果を残せず帰国して詰むので。

 

 

以上、祖父母からバースデーカードもらって、「良い機会だから人生について考えろ」とあったので、人生について考えた誕生日。

一応常に人生については考えているけれど、ベストを尽くしていればなるようになるかなと。

言い訳抜きに「ベストを尽くした」と言える状態を作る努力を怠らない、それにプライドを持つ、が目下の目標。

 

二十代ラストイヤーの開幕です。ファイト!