かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

もし毎日14時に退勤出来たら

前に、職場の中年の男性の先生と「もし毎日退勤時間が14時だったら」というような話題になった。

定時が、ではなく、「毎日14時に帰れたら」ということである。

ちなみに本校、定時は16時半であるが、私がその時間に帰ったのは働き始めてから一度だけである(冠婚葬祭関係で)。

 

その先生は「毎日14時で帰れたら、毎日飲んじゃうからお金が持たない」みたいなことを言っていた。

その先生の言ったことは冗談かもしれないが、多分世の中には「毎日14時で帰れたらすることがなくて困る」って人は少なからずいる。

だって、14時退勤じゃないにせよ謎に残り続けていたり、休日出勤しようとする人はいる。

だけど、私は毎日14時で帰れたら万々歳である。

っていうか、今どきの若い人はみんな嬉しいんじゃないのか?

(…と思っていたけれど、某アプリで知り合った14時に退勤できる特殊職の人は暇で困っていた。ちなみに同世代。)

だって、ドイツの学校とか14時ぐらいで終わりだよ?それがスタンダードですよ??

 

日本人は休み方が下手だとよく言われる。

確かに、お金を使わないと休めないから、むしろ休みがない方がいいみたいな発言すら聞く。特に年配の方。

うちの父親ですら、かなり多趣味なほうだと思うけど、「休みに暇で出勤する」とか言ってた。

じゃあ自分だったら、毎日14時に退勤出来たら何をするか考えてみた。

マジで夢が広がる。

 

①長期的にお金をかける場合

「映画行く」とか「飲む」とかの単発でお金をかけるやつじゃなくて、長期で計画的にお金を支払って過ごす方法ね。

 

1)キックボクシングジム

これ、私はすでに通い放題の年会費(確か年7万円くらい?)で払っているので、今までと出費は変わらない。

今週一程度しか行けてないのを、ペース上げて通いたい。

で、スパーリングなど対人練習もしてみたい。

現状は、エクササイズの一環状態なので、競技として趣味にしたい。

 

2)語学学校

外国語をこよなく愛しているので。

独学で隙間時間に勉強しているけれど、やっぱ通わないと出来ないこともある。

独学だとどうしても出来ることが偏るので通学希望。

通うならもちろんドイツ語か英語。

今まで通ったことのあるところは、大体どこでも半年で6万円くらい。

 

3)大学院

もし毎日14時退勤で年収今まで通りなら、普通に大学院で博士に進学する。

一番理想的だし、博士号取れそうな研究室なんだよね…。

大学院が無理なら、通信制で何か資格取りたい。

英語か日本語の教員免許とかいいかも。

 

②単発or中期でお金をかける場合

①が自己投資系になるとしたら、こっちは娯楽要素が強いかも。

思い立ったら今でもすぐに出来るのがメリット。

お金がかかる・別に役に立つわけではない、のはデメリット。

 

1)カメラ

将来的には「趣味はカメラです」とか言いたい。

毎日14時で帰れたら、そのうちの何日かは景色の良い所とか行って撮影会とかやりたい。

カメラ代が最初にかかるのに加え、景色が良い所は大体遠方なので、交通費がかかる。

 

2)映画

映画鑑賞が趣味って、ベタだけどね。

映画批評ブログとか読むの好きだから、そういうの書けるようにこまめに見たい。

映画はできれば映画館で観たいので、映画館代が毎度かかるようになる。

 

3)美容系

一番現実的に求めているのが脱毛。

あとはヘッドスパとかカイロプラクティスとかエステとかそういう、金と時間のかかるやつ。

現状でも休日を使って行こうと思えば行ける。

が、平日に行けないとなると、予約がなかなか取れず、サボりがち。

脱毛とか回数まだ残っているよう…。

時間はあっても、金がだいぶかかるのが懸念点。

 

4)美術鑑賞

「週1美術鑑賞部」とか自分で作る。

美術作品って、ちゃんと知識を持って見ると結構面白い。

ただ、美術館等に行くまでがめんどいので、結構な暇がないと出来ない。

美術館入場料が毎度かかることになるけれど、多分そこまで高くはつかない。

 

③投資(ほぼ)不要のもの

「ほぼ」なので、多少はかかるけれど、ここまで挙げたものに比べれば格段にかからないやつ。

 

1)ジョギング

すでに趣味としてやっているので、私の場合は始めるのにお金かかりません。

毎度出ていくお金とかもなく、手軽で健康にも良い。

実際毎日14時退勤なら毎日走って、運動習慣つけるわ。

天気が悪いと出来ないのがデメリット。

 

2)読書

本代はかかるけれど。ちなみに図書館はあまり使いたくない派。

本買って家で読めばあまりお金もかからない。

 

④その他 ライフスタイル関係

時間がたくさんあれば、ライフスタイルをこう変えるだろうな、ってやつです。

 

1)実家を出る

私が今、独り暮らしを出来ないでいる理由は、お金の面もかなーり大きい。

が、その次にでかいのが「家事してる暇がない」ということ。

14時で帰れたら、余裕で家事出来るからそうする。

「料理毎日するよ!」とか言ってみたい。

冷蔵庫の中にあるものでちゃちゃっとおつまみを作って宅飲みとか開催できるようにしたい。

 

2)子ども産む

これは、私が結婚できた場合ですが。

今、正直なところ、子どもが欲しいとは思っていない。

その最大の理由が、仕事のほうを頑張りたいから。

今の職場で、子育てしながらフルタイムで働くのは多分無理。

でも、14時で上がらせてくれるなら頑張れると思う。

子ども自体そんなに好きじゃないから別にいいかな~とか思ってたけど、最近友人の赤ちゃん抱っこしたら母性が目覚めそうになった。笑

しかも、子ども生みたいと思ったら結婚しないといけないわけなので、真剣に婚活すると思う。

 

本当、日本は少子化対策したいなら、給料そのままでみんな14時退勤にすれば良い。

そうしたら子ども生んでくれる人増えると思う。

 

3)副業

なぜ空いた時間を仕事で埋めるのかって話ではあるけれど。

本業のスキルアップにつながりそうな副業をやってみたい。

同じ場所で働き続けるのって、人間悪くなるというか、腐っていってしまうと思う。

14時で帰れたら、家庭教師やるかな。日本語の個人レッスンとか。

 

 

書き出してみると、結構夢広がります。

「毎日飲む」とか、そんな無駄遣いしないから、是非14時退勤にしてくれ。

そうしたら、ちゃんと人間らしい生活を送れるし、皆「良いお金の使い方」をして日本経済もいい具合に回りそうだし、少子化とか晩婚問題も改善されるだろうし、日本全国良いことしかない。

一部の「仕事以外やることないオッサン」はほっておいて、日本政府がこの法案を通してくれれば最高なんじゃないだろうか…。