かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

【彼氏は】婚活?恋活?をして得られたもの【出来ていない】

まあタイトル通り!笑

相変わらず彼氏いない歴を着実に伸ばしております。

でも、一応婚活アプリ的なのは続けている。

私に結婚願望が皆無なので、婚活じゃなくて恋活だな。

そろそろアプリ使用一周年を迎えました~イエーイ~(白目)

一周年を記念して、別アプリを開拓。

年齢層が高いのか、そっちのが今のところモテておる。

ペ●ーズはもう戦えないよ…かわいい若者(女)しかいねえよ…可愛げのないアラサーには厳しいぞ…

 

さて、一周年を記念して、今まで会った人を整理。

意外とそんなに会ってません。

 

1人目 カフェ男

命名の理由:趣味がカフェ巡りだった

年齢:年上

ご職業:電機関係のサラリーマン?よくわからんかった

学歴:偏差値50くらいの理系大学

デート回数:1回

概要:「カフェ巡りが趣味」っていうプロフィールのくせに連れていかれたのが某チェーンのカフェで困惑。

「海外旅行好き」みたいなこと言ってたくせに、行ったことあるのがアジア圏一か国のみ。

半年に一回くらい、謎のlineが来る。

 

2人目:サトシ

命名の理由:ポケモンの主人公、サトシに顔が似ていた

年齢:年上

ご職業:大手企業

学歴:GMARCH程度

デート回数:4回(5回目の約束をしていたが、会う前に振られる)

概要:かつてこちらで一記事割いてます。

初告白され、初フラれた人。

クリスマス前に絶望させられるという。

 

3人目:新サトシ

命名の理由:2人目のサトシに雰囲気が似ていた

年齢:タメ

ご職業:公務員

学歴:GMARCH程度

デート回数:4回

概要:気が合うかなと思って、結構積極的に自分から行った事案。

しかし、回を重ねるごとに向こうが消極的になっていったのに加え、会っている間に向こうが太ったのを見て萎えてこちらからフェードアウト。

 

4人目:九州男児

命名の理由:出身地

年齢:タメ

ご職業:SE

学歴:国公立

デート回数:2回

概要:顔と雰囲気が超好みだったので、2回目はこちらから誘った。

しかし、イケメンさんが私に惚れるわけはなく、以後フェードアウト。

 

5人目:鉄男

命名の理由:仕事

年齢:年上

ご職業:鉄関係の大企業

学歴:私と同大学

デート回数:1回

概要:同じ大学卒でここまで話し盛り上がらないか…てくらい、全然盛り上がらなかった。

しかし、なぜか気に入られて結構積極的にアタックしていただくも、話題のない人と会う気になれず、私からフェードアウト。

 

6人目:千葉さん

命名の理由:出身地

年齢:年上かタメか忘れた

ご職業:なんか理系の会社

学歴:偏差値50くらいの大学

デート回数:1回

概要:出身高校が進学校であるのを先に聞いていたので、大学名聞いたときに「ん?その高校でその大学ですか…」というのがモロ顔に出てしまった。

反省。

お礼連絡も向こうから来たけれど、「よかったらまたご飯でも」の私の連絡で即ブロックしてくる潔さ。

妙な期待持たされなくてむしろ良い。

 

7人目:馬場くん

命名の理由:私の友人、馬場くん(仮名)に似ていた

年齢:年下

ご職業:公務員

学歴:GMARCH

デート回数:2回

概要:そもそもに、私馬場くんが割と好きで、その馬場くんに似ているからちょっと好きだった。笑

初回からお出かけデートという積極性に脈を見出そうとしたけど、初回終了後に明らかに脈無しに。

2回目は私から粘りのアピールでしたが無駄に終わった。

 

8人目:エリート氏←New!!

命名の理由:多分くそエリート

年齢:年上

ご職業:大手外資

学歴:私と同大学

デート回数:今1回目

概要:向こうは気に入ってくれてるっぽいけど、2回目は無いかな…。

 

単純に、一年で8人と会ってるってのは、多いと言えるかもしれない。

アプリ利用者としては全然少ないだろうけど。

アプリ始める前の二十数年間、男性とお出かけ経験ほぼ無しの私にしてはめちゃ多いただ、8人もあっていると、それなりに学ぶこともある。

以下、私が得た学び。

 

①異性と接する練習はしておくべき

もう練習台としてでもいいから、会う練習しておくべき。

これ、もっと年取ってからやり始めるのはきつい。ってか多分イタイ…。

練習をすると良いのは、脈のあり無し判定が段々出来るようになること。

何が「大切に扱われている」状態なのかが最初はわからなかった。

 

②ある程度のレベルの人は、露骨な脈無し態度を取らない

ネットで「男 脈無し しぐさ」とかググると、「二人で会っているのにスマホをいじる」とか「デートの店を予約しないから行き当たりばったり」とか「彼が会話に関心を持たない」とか、超露骨な事案しか出てこない。

しかし、私がまだDQNに会ってないからというだけかもしれないけれど、少なくとも私が今までに会ってきたレベルの人(それなりの大卒で普通に働いている)で、こういうのかましてくる奴は一人もいなかった。

その後脈無しになるときでも、会っているときの最低限の礼儀は守ってくれる。

となると、わかりやすい脈無し基準とかがなく、最初は無駄に時間を費やしていた。

まじ、ネットで書かれている「脈無ししぐさ」はあてにならない。

ってか、ここまでやられたら、ググる前に脈無しってわかるわ。

 

③「脈無しかも…?」=大体正解

「なんかこの人私に興味ないような気がする。でも優しい(※礼儀がなっているだけ)から、私の気のせいかも」

これ、大体気のせいではない。

気のせいかもしれないという、くそポジティブシンキングで深追いして時間を無駄にすること、多々あった。

興味なさそうだな~と思ったら、次に行く準備をしておくべき。

ちなみに、私が学んだ脈無しっぽいサインは

 

・次回の話が出ない

→礼儀として、向こうからお礼連絡は来たりするからわけわからなくなってた。

しかし、お礼が来ても次回の話がなければ脈無し。

実社会で出会っているならまだしも、ネット上にしかつながりがないなら、会う約束しないと100%会えない。

なのに会いたがらないなら、それは永遠にさよならの合図。

 

・デート後に連絡頻度がじわじわ減る

→皆さん礼儀正しいんですかね、返事はくれるんですよ、ちゃんと。

しかし、じわじわ減っていく。

激減じゃないからこれまたわかりにくい。

 

あとは「名前呼ばれない」とか「未来に関する話が全然出ない」「恋愛関係の話題が皆無」「デートに誘えそうな話題を振ってもスルー」とかかな。

 

一瞬「脈無しか…?」と思っても、それなりにコミュニケーション取れてるから期待してしまうけれど、最初の自分の直感が大体正解って学んだ。

 

④デート機会がないと女度がすり減る

一応私、デートする際は、スカート履いて、ヒール履いて、化粧丁寧にして、アクセサリーと香水つけて、カバンは機能性のないちっさくてかわいいやつにして…ってやってる。

人に見られるからお洒落しなきゃって意識を持つ機会がないと、どんどん劣化していく気がする。

そんな予定でもなけりゃ、私、上記のこと全部しないもん。

逆に、脈があろうがなかろうが、自分が好きだろうが嫌いだろうが、見られるって思うと多少顔が変わる気がする。

だから、モデルさんとかは最強だと思う。

「綺麗だからモデル」ってのは当たり前として、「モデルとして人に見られるから綺麗」ってのもある。

大変良いスパイラルですね。

 

⑤どうしても受け入れられないライン

そりゃ皆さん理想はあるわけで。

でも、その理想全部をクリアしている男性なんてそうそういない。

となると、妥協するところも出てくる。

しかし、自分がどーーーーしても受け入れられないラインがあるってのが分かる。

私の場合、見た目が自分的に「無理」って思ったら、一気に受け入れられなくなる。

ちなみに「イケメンじゃないとダメ」とかそんなことはなく、たまに「無理の琴線」にひっかかってくるやつがいる。

そういう人は、優しくても性格が良くても無理なのである…。

あと、太ってる人はどうしてもダメだった。

逆に、割とこだわりのあると思っていた年齢(年上希望)とか学歴(GMARCH以上希望)とかはそこまで受け入れられないもんでもないと発見。

 

⑥私の「結婚」の優先順位は低い

もともとあんまりないのは分かっていたけれど、いつかはしてみたいと思っている。

「いつか」を視野に入れれば、結婚向きの人がいいに決まっている。

だけど、すごく結婚向きの条件が揃ってる人でも、全然心惹かれない。

例えばサトシ氏とか、大企業だけど残業なくて家事が趣味で私の仕事に理解あったとか。

エリート氏も、大企業でお金の心配皆無で結婚を視野に入れたお付き合いをしたいと思ってるとか。

もう、ほんとにこのへんの方たちと付き合ったら、人生安定するんだろうな~と思う。

「彼が結婚してくれない」の悩みが多い中で、付き合う前から結婚まで視野に入れて計画的な人生設計している人って希少よ。

でも、私にとって、それは全然重要なファクターじゃないのが実感できた。

ほんっっとに、何でこんなめんどくさい方にばっかり進みたがる私なんだか。

わざわざ楽なルートを回避して、大変な道に突っ込んで行こうとする自分に呆れるところもあるけれど、もうしょうがない。

分かりやすい好条件になびかないで、自分の直感にちゃんと素直になるしかない。

 

実はエリート氏は、スーパー最近の方なんだけど、会った後、一生ピンとこないであろうという虚しさを覚えた。

彼と結婚したい女の子、世の中には死ぬほどいるだろうなあ…。

でも、このモヤっと感を無視しては付き合えないのである。

難儀な人生だけど、自分の価値観が何よりも大事だって思ったのが一番の収穫。

…そろそろ彼をを収穫したいんですがね!!!死