かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

賭けたことが叶わなかった話

今年、どうしてもトライしてみたいことがありまして。まあ仕事関係。

新しい所で働きたくて、しかもかなり昔から興味があった場所。

自分の適性にかなり合ってると思ってた。

諸条件が重なっていて、チャレンジングな、苦労の多い道だろうとは思っていたけど、挑戦するなら二十代の今しかない。

幸いにもポジションは空いた。募集はかかった。

きっちり準備して応募した。手ごたえもあった。

でもね…ダメでした。落ちました。

もう何回目だろうか。

多分、ここ二年くらい本気で考えていた所だったから、結果見てちょっと衝撃。

これでダメならもう何すればいいのよ?とも思った。

ボカロにHello,Workerって曲があるんだけど、今ほど染みることはなかった。

 

数行の"お祈り"に揺れ動く僕の人生を
切り取って押し付けるように配り歩いた

 

何度目の「お祈り」か。

新卒時代もいっぱいもらった。

働き始めた初年度でも、実は他のところからもらっている。

今年度だって、今回のが大本命だったけれど、それ以外でトライしたところからは全部もらった。

ただ、「お祈り」に私の人生は揺れ動き左右されるけれど、気持ちは以前ほど揺れなくなった。

「いける!」の手ごたえありだったのに、結果はアウト。

自分で感じる手ごたえほど、あてにならないものはない。

結果が封書で届いた時点で、半分あきらめていた。

大事な連絡は、メールで来る。

 

B4の紙切れに収まる僕の人生を
誰かに認めて欲しくって振りまく笑顔

 

履歴書も、もう何枚書いただろうか。

あの紙切れに収めてるけれど、そして履歴書は大体通るんですが、実物の私ってそんなに魅力がないんでしょうか。

スーパーポジティブ楽観人間の私でも、さすがに自信もなくなってくる。

 

人生の方向性をガラッと変えるつもりで、本当に思い切ったチャレンジだった。

ダメとなると、私の未来設計すらダメなのかもしれないなんて思いかける。

 

去年も似たような気持ちで、似たようなことをして、大きく手ごたえを感じたのにダメでした、のお約束パターン。

去年はそこで「縁がなかった」ということでいったん終了した。

 

でも、今年は去年よりずっと強い思い入れがある。

実は、もうひと頑張り出来そうなチャンスがまだある。

去年なら捨ててたけど、今年はまだ粘ってみましょう。

せっかく一度腹くくってチャレンジしたんだから。

泥臭い道になってしまいそうだけれど、やれること全部やって終えてみたいと思う。

 

何がしたいかわからない
何ができるかわからない
そう言いながら這いつくばってここまで来たんだよ

明日のことはわからない
昨日のことはかわらない
なら今日だけは この今だけは僕らの物

 

日本人にありがちな、安全志向型な自分から一歩出て、もうちょっと思いっきり賭けてみようと思う。

「頑張って」は来たけれど、「這いつくばって」来たほどじゃない。

本当に賭けたい人生なら、まだチャンスが消え切ってないからやってみようじゃありませんか。

それが今の私にできること。

来年の私に先延ばしは、まだしません。

 

というわけで、恐らく今年いっぱいの勝負になると思うけれど、覚悟決めて動いてみます。

大本命、ダメだったことはもう引きずらない。

その時に決めた心だけ持って、這いつくばってでもトライします。

 

www.youtube.com