かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

どうしたら「続けられるか」問題

「××を始めてみたけれど続かない」みたいな話はよく聞く。

私の周りでも、

・英語(ダントツに多い!)

・ジム通い

・ペン習字

・簿記や宅建の勉強(大学時代にめっちゃ多かった)

などなど。

転職したとか、結婚出産したとか、転勤したとかで、ライフスタイルが変わったが故に続けられなくなってしまった、つまり不可抗力で続かないのはまあ仕方がないとしても、

意志の力で続かないっていうのは何とかしたいところ。

 

私も新年やら新学期やら事あるごとに「これを続けよう!」みたいな目標はしょっちゅう立てる。

が、二十云年間生きてきて、その目標が続くか続かないかは何となくわかるようになってきた。

で、続かなさそうなやつはもはや手を出さないようにしている。笑

ただ、どちらかといえば「続きやすい体質」な気がする。

今まで続けてこられたことと言えば…

 

ブログ・日記:累計10年弱

まずこのブログが2年目。

この前にアメブロやってたんだけどそれが6年くらい?

あと、小学校高学年あたりで、2,3年日記を自発的につけており、そういうのを全部合わせれば10年くらい行く。

ものを書くのが好きな性分なんでしょう。

ちなみに、日記のころは多分1日1ページつけてたけれど(こっぱずかしくて全部捨てたから確認のしようもない)、ブログになってからは頻度は気まぐれ。

「1日1記事」とか縛りがあれば、多分速攻三日坊主で終わる。

 

バイト:8年間

一番長いファミレスで8年。

他に並行していたのもあったけど、計画的にバックレたり、任期満了で終わったり…とかだったので、「バイトを何となく飽きてやめる」って経験は恐らくない。

 

部活:累計7年間

高校と大学で種目変わったけど。

4月に入部~引退、までどっちも続いている。

ちなみに、どっちも(常識的に見れば)「辞める危機」みたいなのが訪れてたんだけど、普通に続けてた。

辞めるっていう発想が無くて、後輩が退部したのを見て、ようやく「あ、辞めるっていう手があったのね!」みたいな。笑

 

キックボクシング:2年半目ぐらい

今日も行ってきましたわ。

社会人用の趣味だけど、週1ペースくらいで続いてる。

 

ドイツ語学習:累計10年以上

こんなにやってるのに全然できませんが…。

こちらも、社会人になってからも続いているやつ。

 

ジョギング:累計5年弱

社会人になってからは、週一度気が向いたら走るかな~くらい不定期だけど、一か月以上空くことはない。

なんと高校の部活引退後は、大学入るまで毎朝授業前に走ってた気がする。

すごくない??笑

 

じゃあ逆に続かないものはと言いますと。

 

ダイエット:多分最長1か月ぐらい

私の言うところの「ダイエット」って、「お菓子をバカ食いしない」ってやつなんだけど、まあ続かない。

仕事帰りのコンビニスイーツがやめられない。

学生のころもおやつがやめられない。

そんなストイックなやつ(一食抜くとか炭水化物抜くとか)ですらないけど、まったく続かん。

 

日々のストレッチ:稀に適当にやるだけ

運動習慣はあるくせに、ストレッチみたいな簡単なもんが続かないんですよね。

おかげさまで体ガッチガチ。

運動部現役時代から何とかしろと散々言われてたのに、まったく何もせず。

 

家で筋トレ:決意した瞬間のみ

ジムで筋トレする→「全然出来ない!寝る前にやろう!!」→やらないで寝る、みたいな。

ストレッチ以下。

なお、うちの父親は、ふろ上がりの腹筋・背筋100回ずつがちゃんと続いている。

旅行先のホテルでもやってる。

父曰く「やらないと腰痛になるから」らしいけど、すごい。

 

スマホをいじる時間を減らす」:決意したその日で終了

スマホどころか、パカパカケータイの時代から続いてないね!

高校時代とか、これに関して大変親ともめたけど、まーーー本当にできない。

 

国語の授業研究:切羽詰まった時だけ

あれれ~~~~そういう院出てなかったっけ私!?

学会のお知らせとか見た瞬間だけ、「あ、研究して授業力の向上…」とか思うんだけど、まーじーで続かない。

それで授業がイマイチで一人反省会をする…を延々と繰り返している。

 

ドイツ語リスニングの習慣:2日間くらい

ドイツ語の筆記の勉強はするくせに、リスニングの勉強が本当に続かない。

リスニング用のCDをちゃんとWALKMANに入れて、「通勤の時に聞こう!!」とか思うんだけど、大体2日ぐらいで終わる。

独検前でも聞かない。

こないだの試験、リスニングだけは一回も過去問とか参考書解かずに行ったし。笑

なお、本日からまた新しいCDを入れたので、どれほど続くか見ものです。

 

社会人になると、時間が無くなるわけなので、何とか有効活用して、やるべきことをコツコツ続けたいところ。

どうやったら続くのか、自分なりに考えてみた結果がこちら。

 

①習慣化させる

部活とかバイトとかはその最たる例だけど、習慣の力は強い。

よく「歯磨きするのに意志の力はいらないでしょ?歯磨きと同じくらい、勉強を習慣にしなさいよ」って生徒に言っている。

言うは易く、行うは難し…先生にもできていないことはありますけどね。笑

つまり、続けたいことを歯磨きのごとく習慣化してしまえばこっちの勝ち。

しかし、これには時間がかかるので、途中で心が折れがち。

 

②金の力で自分にプレッシャー

例えば私が今ジムが続いているのは(毎週末通うのが習慣になっているという理由もあるけれど)、「年会費がもったいない…!!」というケチ精神。

月4回通わないとお得にならない計算なので、どうにかそうなるように頑張ってる。

週末に用があって通えなければ、仕事終わりとかでも頑張って行く。

「もったいない」「お金払ったんだからいいもののはず」という精神でやると、まあ続くかな。

検定ものとかも、さっさと申し込んでお金払って自分追い込んじゃうべき。

 

③手軽に手を付けられる状態にしておく

例えばジョギング。

家の前に走れる道路があり、玄関にはランニングシューズが置いてある状態なので、思い立ったらすぐ行ける。

あるいはドイツ語の勉強。

時間がある時以外は、お手軽にできる単語帳とかしかやらない。

これを手に届く範囲に常に用意している。

 

③「やる目的」がある

そんな確固たる具体的な目的があるわけではないんだけども。

例えば私がドイツ語が続くのは、ドイツとつながりを持ち続けたいし、いつかこれを役に立てたいから。

あるいは運動し続けるのは、年を取ってもよぼよぼの体になりたくないから。

村上春樹のエッセイを読んでいるけど、運動するっていうのは精神面にもいいんだよね、と確認。

それを続けてる目的が、明確な言葉に出来なくても、ぼんやりとでも、自分の中にあると強い。はず。

 

④その行為そのものが面白い

やっぱりねー、これが最強だと思う。

例えば、このブログ。

お金かかってないし、「日々の記録をつけておきたい」ぐらいの目的はあるけど、そもそもにあんまり自分で読み返さないし。

でも、文章を書くっていう行為そのものが好きだから続いている。

運動するのと、文章を書くのは、頭の中が整理される。

つまらないことの続かなさと、好きなことの夢中度合いの差はかなり激しい。

 

 

今日、新宿に買い物に行ったらスプレーアートの大道芸人さんがいて、ヨーロッパ的な気分がよみがえり(笑)、最後まで見たんだけど、

「なにも続かなかった自分が唯一続いたのがスプレーアート」って言ってて、やはり「好き」の力は強いと思った次第。

 

どうにも忙しい社会人生活なので、無駄は省いて、やろうとしていることは続けたいですね。

続けたいことは勉強、運動、あとオマケでこのブログ。

やめたいことは、仕事帰りのコンビニと、無駄スマホ、仕事後の無気力モード。

 

どれだけ続けられるか、それが問題なのです。