かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

健全な精神は健全な肉体に宿るのだよ

先日、仕事の一貫で某スキー場に行ってきた。

私は実に10年ぶり?ぐらいのスキー。

あくまで仕事なのでほとんど滑れてないけど、ちょっとやったら極めたくなるくらいに楽しかった。

思えばスキーって健全の極みみたいな旅行の仕方だよね。

行ったら運動せざるをえない。

あー楽しかった!

 

業務ではあるけれど、スキーの指導自体はインストラクターさんがやるから、こっちはだーいぶ楽。

自分的には、すごいゆっくりできて精神が安定した。

仕事なのにこんな発言が出るって社畜かよって話ですが。笑

 

生徒が「便秘が治った!」とか言ってたんだけど、確かに健康な環境だったと思う。

午前午後運動(我々はそんなにできてないけど涙)、三食栄養ある食事、早寝早起き、そしてストレスフリー。天気も良かった。

私、気分がもやもやしたり落ち込んだりやる気がでない時は運動することにしてるけど、これは本当に効果的。

それが毎日出来る環境って、本当に精神衛生に良い。

 

部屋が複数名で同室だったんだけど、同性で同じ職場の人と喋れるって良いね。

問題視してることとか、改善したり向上させたいと思ってることが共感できる。

自分の人生レベルで引きつけて考えられた。

同業者と喋っても、「それはうちの職場だと参考にならねえ…ってかそっち恵まれ過ぎてて羨ましい…」とかなりがちだけど、職場一緒だともう言い訳も出来ません。

ここでもまだまだ出来ることあるなあ。反省。

 

帰宅したらお休みもあったからむっちゃ運動した。

スキーの翌日に1時間ラン+キックボクシングのレッスン2コマ。笑

やっぱ運動すると前向きな気分になるよね!

その翌日は人と会ったりもして、何かすごい元気になった。

 

今仕事が余裕ある時期ってのもあって、気分的にすごい元気ってか意欲的。

新しいこと仕事でやってみたいって思えるし、勉強もしてる。

そういう前向きな気持ちは、生まれつきの性質云々もあるんだけど、発揮するためには健全な肉体が必要なんだよね!

健全な肉体の為には、運動と、睡眠休息と、ストレスフリーで余裕のある状況が必要みたい。

元気になったらよーく分かった。笑

社会人になったら忙しくて不自由でネガティブになるわけでなく、肉体が元気じゃないか、何かしらストレスがあるのが原因らしい。

 

心がけで何とかなる部分もあるけど、どうにもならない時もあるわけで。

社会人になるということは、どうにもならない状況も増えるというわけで。

そういう時は嵐が通りすぎるのを待てばいいんだよねー。

逆に調子の良いときは、どうやったらその状況を維持できるのか、よくよく振り返ってみるべき。

貴重な時間だからね!

 

今の元気さキープで色々やってみたいなーという前向きな日記でした。

とりあえず今やってみたいことがいくらかあるので、それもそのうち書こうかな。