かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

タイ家族旅行【4日目】

4日目は、ピピ島への1dayツアー。

 

まずはホテルで朝食。

右上のお粥はタイ料理のやつ。
f:id:katywoyton:20180102014815j:image

全体的に薄味。

 

ツアーの車が色んなホテル回ってピックしていってくれるやつ。

日本人1組乗り合わせた。

 

船着き場に連れていかれ、お兄さんのセールストーク聞かされ、いざ乗船。

小型船?スピードボード?だったんだけど、まーあ揺れる揺れる!

遊園地のアトラクションかってくらい。身体浮いたし。笑

短時間なら盛り上がって楽しいんだけど、これが長時間続くと後々酔い始めます…

 

1つ目の島に上陸。

 


f:id:katywoyton:20180102015412j:image

 

天気が良いと海と空の青がよく映える!

 


f:id:katywoyton:20180102015503j:image

なお、私は前日からの体調不良ってかいわゆる女の子の日で、このツアー中全く泳げず。

この島でもひたすら散歩。

でもそんなに大きな島じゃないのですぐ見終わる。

ほんと、海水浴用の小さな島って感じ。

 

ここから1時間くらいかけて、ツアー最大の見所、ピピ島へ。

しかーし!天候悪化で雨。

しかも「時間ないから30分だけね!」みたいな。

挙げ句、「島に船は近寄れないから皆荷物置いて泳いで!」

はい、泳げません!わたくし船で待機!!

天気悪いし寒いし船酔いしそうだったしで、超絶ローテンションで数枚だけ写真撮影。

切り立った崖が特徴的だった。

 

その後、ランチできる島へ。

多分一番大きな島だった。


f:id:katywoyton:20180102133313j:image

 ビュッフェ式。

 

何かもうこのへんで私は疲れちゃって帰りたい気分に。

船がちゃんとした船着き場につかないから濡れるんだよね!

泳がないつもりで水着じゃなかったから、濡れてテンションダウン。

 

そろそろ帰れるかなーと期待してると「モンキーアイランドに行くよ!」ですと。

モンキーアイランドは上陸なし。船から猿を眺めるのみ。

確かに猿が至近距離にいっぱいいた…けどこのへん私やる気なくて写真すら撮らず。笑

さらに「こっち側から洞穴を見ます!」

…洞穴でした確かに。

元気な時に見たら感動するかもしれないけど、如何せん私は疲れていた…。

さらにその後、入江のようなところへ連れていかれ、「ここの海の水の色は綺麗だから、泳ぐといいよ!」みたいなタイム。

確かに、青緑色みたな綺麗な水の色。

しかし、乗客はほぼ泳ぎに行かない!笑

皆疲れており、泳いでいる人を眺めるばかり。笑

母親が「ここで魚に餌をやると良い」という事前情報を得ており、ホテルの朝食のパンをくすねてきてたので海に投げ入れる。

すると、魚が来るわ来るわ。面白いほど魚が寄ってくる。

もう、海の色とかじゃなくて魚鑑賞会してた。

 

ここから1時間くらいかけて、ようやく元の港へ帰着。

やー、途中から天気が悪かったのと、船が揺れまくるのが宜しくなかった。

あと、自分が泳げないのもあれだな。

正直、途中から帰りたいモード濃厚なツアーとなってしまった。けど、プーケットだけでそんなに見るところもないので、こういうツアー1つは行っておいたほうが良いと思われ。

 

戻ってきてから夕食へ。

海鮮が美味しいというお店で。

 

f:id:katywoyton:20180108173336j:plain

 食べ終わって出ていく頃には大混雑になってました。

 

この日、大晦日だったので街は賑わっている様子。

マッサージ屋の店員とかも、仕事しないで何か騒いでるし。皆楽しそう。

あと、年末には皆ランタンを飛ばすらしく、21時頃にももうちょこちょこ飛んでた。

ランタンって随分上のほうまで飛んでいくんだねえ。

幻想的な雰囲気でいいよね。

しかーし!ここで突如豪雨!!ランタン飛びません!!笑

私達もタイミングを見てホテルへ撤退。

 

でも、年越しの頃にはもう雨も止んで、ニューイヤーの瞬間は随分と盛り上がってました。

花火もいっぱいあがってたし。

新年の瞬間に日本に居られないって、私としては心残りの部分もまああったんだけど、それを吹き飛ばすくらいの大賑わいだった!

 

5日目、最終日に続きます。