かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

止まると死ぬタイプなのかも

今、たまたま仕事にちょっと余裕のある時期で、時間がまあ、ある。

で、ちょっと一息つけるわけだけど、そうすると不安になってくる。

何にもやってない自分に対する罪悪感的な。うわあああ。

でも、余裕あるっつってもささやかなもんなんですが。

そうなってくると、何かやりたくなっちゃう。

いい加減ドイツ語復帰させようかな。

国語の先生がドイツ語勉強してどないすんねんって話だけど、私は極めたいのだ。

もしくは古典。実用的に。

とりあえず、前向きにうずうずしてるからその気持ちが萎えませんように。

 

後輩の就活相談(教員の)に乗ってて、ついでに私の現状も話したんだけど、そしたら「アグレッシブですね!」って言われた。

その時伝えた現状っていうのが私的にはアグレッシブ度低めだったから、多分私自身は世間一般の平均から見るとアグレッシブ人間なんだろうね。

何かしてないと、停滞している気がして不安になる。

 

暇を極めて、っつっても休みがちょっとあっただけで、多分一般企業にお勤めの方だと通常通りの休み量だっただけなんだけど、

とりあえず暇だったから漫画読んでた。kindleで。

どうでもいいけど、kindleでぽちっと電子漫画買えちゃうの、怖すぎるわ。

そもそも「書籍代はケチらない」というモットーなので、書店で紙の本買う時はぽんっと行くんだけど、漫画だけは際限なくなりそうだから買わないようにしてた。

私読むの早いほうだから、漫画をぽんぽん買ってたらヤバイことになってしまう。

漫画は、超吟味の上買うか、満喫で短時間一気読みを決め込むか、で頑張ってたんだけど、kindleでぽちっとやるのに目覚めそうで怖い…。

この休みで7冊くらい買ってるよね私…うわああああ。

 

で、話戻りまして、買っちゃった漫画のうち一つがこちら。

 

 

東村アキコの漫画は「きせかえユカちゃん」が初めて読んだやつで、何か洒落っ気があって大人だなあ(主人公小学生だけど)と思ってて、それを貸してくれた友人も私の中では大人認識してる子だったから、私にとっては「ちょっと背伸びした漫画」だった。

で、こっちの漫画はその作者の自伝的ストーリー。

美大行ってプー太郎しちゃってる感じとか、おいおいって意見もあるかもだけど、ちょっと納得いくところもある。

私だって、院+学部で大学トータル7年も通ってたくせに、好きじゃないジャンルは手つけなかった。そんでもって好きじゃないジャンルが国語には重要な学問だった。

「文豪」と呼ばれる作家の本はほとんど読んでないし、古文読めないし、文学史覚えてないし、漢文も確実に読めない。

古文に関しては、今仕事に必要なところだけ慌ててやってごまかして…状態。

でもさ、追い込まれないとできないって感情、この漫画も見事に再現していて、「そうなんだよなー」って思う。

この人、超追い込まれて初めて漫画を描くわけ。漫画家が夢なのにかよ?!って思われそうじゃん一般的に。

でもこれ、めっちゃわかる…。

あと、若いうちなら何でも「大丈夫」の感性は大事だと思う。

本当は大丈夫なのに、大丈夫じゃないぶるっていう気持ちは共感できた。

意外と大丈夫なんだよね。何とかなるなる。

 

だから、私としては、目の前の仕事以外のことで追い込まれたい。

追い込んでくれないとたぶんできない。

じゃあ目の前の仕事やれよって話かもだけど、あれをこなせるようになっても、普遍的に活用できる力にはならないんだよね。

私としては、仕事でつける力プラスαが欲しい。

プラスα分をどうにかして追い込みたい。

追い込んでくれる環境を自分で作るしかないのかなあ…うーん。

 

 

多分こうしてみると、私止まると死ぬタイプなんだと思う。

半年たって、仕事に慣れたとまではいかないけれど、職場環境には慣れちゃったから次のステップに行きたい。

とりあえず、次なるチャレンジとして一人暮らししたい。いやする。

実家にお伝えしてないけど…実家超便利な場所にあるから出る意味ないけど…。

 

あ、ついでなんで、最近ぽちっとしちゃったもの他にも書いとく。

 

ヲタクに恋は難しい

 

ヲタクに恋は難しい: 3 (comic POOL)

ヲタクに恋は難しい: 3 (comic POOL)

 

 

途中までは無料で読んでたから、中途半端に3巻から購入。

レビュー結構辛口だけど、これよくない?!読みながらニヤニヤしたわ。

辛口レビューの内容が「これはヲタクとしてはライトすぎるし見た目が良すぎるので、ただの恋愛漫画」みたいなの多かったけど、私の感覚としてはこれくらいライト目なヲタクのが多いよ!私の身の回り限定だけど。

私自身、これよりもっとライトに、若干のヲタク文化に足を踏み入れようとしている者ではあるけど(ライトすぎるから、私がヲタクを名乗ったらぶっ叩かれると思う。そのレベル)、そういう人ほどカミングアウトしにくいのよ!!

だって、8年目くらいの付き合いのD氏と、先日になってようやくお互いそういう傾向あることを確認しあったぐらいだからね。

たしかに「ヲタクに~」のキャラは、ガチヲタ勢から見たらぬるいかもだけど、一般人から見ればかなり熱入ってるほうだから!外面は良いけど!

 

 

あとヲタクつながりで最近買ったやつ。

Vocalo Piano (初回盤限定CD+DVD)

Vocalo Piano (初回盤限定CD+DVD)

 

これもさ、こういう趣味無い子にこのジャケットを見せるだけでも抵抗感あるわけよ。

ただ、私ライトだけどこれ系の文化大好きよ。

ちなみに、ボカロのオリジナルは好きじゃない。あの機械音みたいな声が好きじゃないから、カバーしか聞かない。

そういうツメの甘さもライトさゆえ。

 

 

 

話がひっちゃかめっちゃかしてしまったけど、要するに、休みの日に罪悪感を抱かない程度に自分を追い込んでいきたいって日記でした。

私の時間は趣味程度じゃ埋められないらしい。