かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

いかに冬を嫌っているか、夏が来るたび思い出す

春~夏をこよなく愛しているので、今の季節最高。

でも、仕事やる気出ないモードなので、気候以外が楽しくなくて辛い…。

 

でも、気候はほんとにハッピー。

春も好きだけど、夏が一番好き。夏に向かってくから春が好きなくらい。

夏の何が良いか。

日が長いのも良い。

別に何をするわけでもないけど(笑)、開放的な感じなのも好き。

遊びに行くにせよ、家でだらだらするにせよ、どっちも夏が一番良い。

外なら活発な気分になれるし、家なら布団なしでぐーたらできるし。 

あと、これは高校以降の思い出によるものだろうけど、夏が来ると部活!って感じになって、それも好き。

でも、私高校の夏練とかえぐい思い出しかないはずなのに。笑

それを思い出して懐かしめるってドMかな。笑笑

夏へのたぎる思いが、文章で表しきれないのが辛い…。

ちなみに、かつて夏涼しい地方にいた頃(小学生くらい)は、蒸し暑くて過ごしにくい「THE 日本の夏」が恋しくて仕方なかった。

筋金入りの夏好きです。

だから、8月末くらいから辛くて仕方ない…。

今年から働き始めて、9月から普通に授業が再開してしまうとゆう気候以外のデメリットも加算されるので、多分夏終わりの憂鬱感はやばそう。

 

じゃあ逆になぜ冬が嫌いなのか。これはこれでアツく語れる。

まずさ、冬って保守的じゃん?

家で団欒して家族で冬を越す的な。「家族でシチュー」みたいな。

それが嫌。私家嫌いなんで。

しかも冬の一大イベントといえば正月だけど、正月が苦。

家族親戚で格式張って集うのが辛い。親戚自体はそこまで嫌いじゃあないんだが。

そしてもう一つのイベントといえばクリスマス。

しかし私、日本のクリスマスは好きじゃない。

ヨーロッパと比較するとショボすぎて毎年がっかりしてる。

クリスマスそのものの評価が下がりそうで怖いから、もう日本でクリスマスやんないでほしい。笑

そして年明け以降。「新年だ!頑張ろう!」みたいな気分に一瞬なるのに、1~3月って微妙に何もない狭間のシーズンなんだよね。

学校のカレンダー的に、何もすることないじゃん、みたいな。わくわくすることがない。

 

あとは、冬って色々めんどい!

まず、朝起きると寒くて布団から出られない。夏なら一発で出られるのに!

そして、起きたところで、冬は着るべき服が多いから着替えてる最中に萎える。

顔洗おうとすれば水冷たくて萎えるし。

さらに出掛ける前にコートやらマフラーやら要るし。だるいーー。

そして日が短くて鬱。17時とかで暗くなってると、一日の短さに絶望する。

 

まだ語れるけど、面倒くさくなってきた。笑

そんなわけなので、憂鬱な冬を乗り切れるように、この夏を楽しんでおきましょう。

まとまんないけど、おしまい!