かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

私立高校に就職した

内定自体は2016年の冬頃に出てるけど、4月からついに働き始めました。さようなら、学生生活…。

2016年春に教育実習に行ったばっかり(教員免許取ったばっかり)のペーペーだけど、なぜか担任を持つことに。さすがにびびった。

4月の頭はとにかく色々大変だった。高1の担任だったから、入学シーズンはやたらと仕事が多い。しかも雑務的なやつ。

あと何が大変かって、先生の名前が分からない、どこに何があるかがわからない、学校の仕組みが分からない。これ超ストレスだった。

学校の先生とか校内地図やらものの配置が分からないと何が辛いかって、仕事の要領がめちゃくちゃ悪くなること。学校の先生って、皆それぞれに仕事があるから、いつも全員職員室にそろってるわけではない。

で、お目当ての先生をベストタイミングで捕まえたいんだけど、先生自体の顔と名前が一致してないと、いちいち聞いて回ったり座席表見てさまよう羽目になる。で、捕まらない。仕事片付かない。

あと、何か仕事の件で「それ誰に言われたの?」って聞かれたとき、「誰でしょう…」ってなる。自分が喋ってた人が誰かわからないw

さらに、誰が何を担当してるかも分からないから、質問してもたらいまわしになる。で、たらい回された先の先生が誰かわからない、みたいな。

 

どこに何があるかとかも最初はわからず、超無駄な動きしてた。

何か校内図がやたら複雑な学校で、方向音痴の私にはつらかった…今でも迷ってるけど!笑

これも、無駄な動きが多くなってすごい要領悪い。

 

学校の仕組みが分かってなかったのも困った。まず、一学年にやたらたくさんクラスがあって、しかもそれが複雑にコース分けされてて、どのクラスは同じレベルか、とかちんぷんかんぷんだった。

コースが理解できてないと、使用教材とか生徒のレベルもわからず、授業準備が困難。流れに乗るまでの緊張感がやばい。

 

というわけで、4月頭は大変だった。ただ、この大変さは学校の先生ならではというより、新しい環境に入る人なら誰でも該当しそう。

学校的な大変さに直面するのは、多分これからでしょう。

 

勤務状況的には、もっとやばいのを想像してたから、意外と大丈夫だった。しかし、だいぶ忙しいほうではあるんじゃないかと…あと、多分これから忙しくなると思う。つらたん…。

 

ちなみに、タイムテーブルはこんな感じ↓

 

5時半に起きて6時半に家出る。

7時半に学校ついて、教室やら校門見まわったりして8時から朝会。

授業終わるのが16時くらい。

諸々やって19~20時くらいに仕事終了。

 

超ざっくりだけど、まあ12時間ぐらい拘束されているイメージで。ちなみに残業代とか出ませんが、それはうちがブラックなのではなく、教育業界がブラックなだけ。

 

ちょっと辛いのが、土曜が18時ぐらいまで残ること。仕事早く終わってもせいぜい17時退勤とか。

土曜授業あるのは知ってたよ、でもせいぜい15時ぐらいには帰れるつもりでいたよ…。

日曜祝日は完オフらしいのでありがたい。そこは死守させていただきたい。

 

激務かと思って怯えていたけど、思ったよりはだいぶ普通(今のところ)。イメージとしては、忙しいめの一般企業って感じ。一般企業で働いたことないから知らんけど。

 

というわけで、新任2週間くらいの雑感でした。意外とやってけるというのが現状です。引き続き頑張ります。