かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

どうやったら先生になれるのか【公立編②】

さて、受かった一次試験の話はまあ良いとして。
katywoyton.hatenablog.com


ここからは二次試験の反省会。読んでる方いたら私の二の舞になりませぬよう…。

二次試験の概要

①調査表の提出
事前に郵送されてくるので、記入して持っていく。自己PRを書くもの。
後でじっくり読まれてるかもしれないけれど、面接官はどうもこれを面接時にちらっと読んでるだけっぽいので、読みやすさを心がけましょう。
あとは面接のネタになりそうな内容を積極的に織り混ぜていく。教育ネタ最強説。ボランティアとかインターンが良いよ、金取るやつ(塾とか)だと微妙。
多分ググれば色々出てくる。

②指導案の提出
これも事前に作って当日提出。
教育実習の時に作ったやつ流用するパターン多い。私もそうした。
東京都の書き方ってものがあるからちゃんと調べること。
あと、もし教育実習を東京都公立校でやる場合、親切な指導教諭ならアドバイスくれるかも。
実習時に採用試験受けることをしんせいしてみるべき。

③グループディスカッション的なもの
なんだっけ、学級経営をより良くするために~みたいなテーマだったかな。
メモ取らせてくれるけど(紙は向こうが用意してくれた)、そのメモ面接官は多分読んでない。あくまで自分用。
メモるより話し合いに集中しましょう。

④個人面接
ここで①とか②の内容がつっこまれる。
面接の質問は至って普通。教員目指したきっかけとか、目指す教師像とか。

個人的反省会

二次試験の敗因を考えてみよう。

・指導案の用紙サイズ間違えた
ただの馬鹿ですね!!指定サイズの半分で作ってしまった。
勿論情報量も半分。中身すっかすか。
どうやってここに指導案の内容収めるんだろう…?ってすごく疑問だった。笑

・教員目指したきっかけを考えないで面接行った
私、幼稚園の卒園アルバムの時点で将来の夢は学校の先生だったんですよね。
そんな昔のきっかけなんて覚えてねーしってなってしどろもどろになった。
ちなみにこれ、頻出質問だからちゃんと整理していこうね。
で、ひねり出した理由が部活の経験から…みたいな感じだったけど、あまり感触が宜しくなかった。
あと「勉強が好きだから教員になりたい」って言っちゃったんだけど、これも多分NG解答。
勉強好きっていうのはあくまで個人的理由だから、もっと教育への情熱と生徒への愛を語らなければならなかった模様。(そういうの嫌いなんだけど)
私立だとまた別問題なんだけど、公立は公立受けする回答を考えなきゃならない。ポイントは情熱と愛をベースとした専門知識。

というわけで、経験者からのワンポイントアドバイス
指導案は正しく作れ!
面接は多少は予習しろ!!
以上!!!