かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

教育実習に行くあなたへ

もう6月かー早いですね。

そろそろ今年が半分も終わってしまうなんて。

今年立てた目標、半分ぶんくらいは達成できるように努力している。

というか、最近スイッチが入ってきて、ちょこちょこ色んなことやってる。

とりあえず、月末に独検受けます。

勉強しないとマジで今回は落ちる。結構ヤバめ。

 

さてさて、こんくらいの季節に私も教育実習行きました。

もうちょっと早かったかな。

ただ、実習生として見えていたものと、今働きはじめて見えるものがあまりにも違いすぎて、感慨はあまりない!笑

 

うちの勤務先にもたくさん実習生が来てる。

去年は自分のことに必死すぎて、実習生の存在すら気づかない感じだったけど、今年はちゃんと認識してる。

私に実習生はついてないけど、授業見に来られたり、見に行ったり。

以下、元実習生の先輩として、そして現先生の側から実習生を見て、助言とかさしあげたいと思った次第です。

 

①自分の実習先がどういうタイプの学校なのか把握しとけ

どういうことかって、どの程度忙しいタイプなのか踏まえといてねってこと。

私は公立中学に行ったけど、母校ではなく、大学に申し込んだら都が学校を斡旋してくれるみたいなパターンだった。

私が実習した所に、そのパターンの実習生が色んな大学から来てたので、色んな所でやっている制度の模様。

このように、斡旋される公立校は多分多忙レベル中くらい。

そんな荒れてるということもないし、教育に意欲的な学校だから、働きやすそう。

うちみたいな「なんちゃって進学校」が恐らく忙しさトップ。

逆に、大学附属(上が有名大学で、全員そのまま上がれるやつ。全員上がれないのは含まない)は、だいぶ緩い。

うちの母校は附属だったけど、実習生は好きな時間に出勤して14時半に退勤して良かったらしい…ゆるー!!

そういう激ゆる校なら、②以下の話全部無視で大丈夫です。

逆に、激務校だと色々ハードになるので心していくべき。

実習生の頃は「何でこんなに当たり外れがあるんだ!」と思ってたけど、教員として勤務するのにすら当たり外れが激しいんだから、そこは郷に入っては郷に従ってください。

 

②「教員免許取るけど、資格ほしいだけです」って思っても言うなよ!

資格のためだけに教員免許取るのって、多分将来そんなに役に立たないけどね。

主婦の小遣い稼ぎとしての非常勤は最強だから、女の人はいいかもしれないけど。

あとは、芸術とかスポーツ系の人が食いっぱぐれた時用。

それ以外だと正直役に立たないと思うよ。

 

さて、それでも「先生にならないけど免許は欲しい」って人は一定数いる。

で、教員のほうも聞くんだよね。

「先生になる気はあるのか?」と。

ある場合は、それを見据えてきっちり指導する。

問題は、先生になる気がない場合。

相手の心証良くするために、嘘ついて「あります!」って言っちゃうのも一つの手だけど、そうすると指導は厳しくなる。

先生になりたい人には良い訓練だけど、資格目当ての人には良い迷惑でしょうね。

かといって、「いや免許欲しいだけ!」はマジで心証悪い。

教員が呆れて手抜き指導になった結果、実習生は楽できるというメリットがあるかもしれないけれど。

教員間で悪評は立つ可能性大。

私がベストアンサーだと思うのは「今すぐ教員になるつもりはない。まずは一般就職で社会に出て視野を広げてから考えたい。教員にならなかったとしても、将来企業で上司として部下指導したりチームまとめるのに、実習経験が役立つと思う」的な解答。

教員志望者向けのガチ指導コースは回避できるし、実習に対して前向きっぽい姿勢も伝わる。

 

②実習生どうしでつるみすぎない

実習生同士の絆って大事だとは思うけど、ずーっとつるんでると、「何しにきてんの?」って内心思う。

群れてると、こっちから指導しにくいんだよねー! 

「でも空き時間とかする事ないし…」って人は、教員か生徒と絡んでみては。

ただ、卒業生が仲よかった先生に絡み続けるのはあまり…。

君、卒業生として来てるんじゃなくて、実習生だよね?って思う。

特に将来教員を目指す人は、そんなぬるま湯状態やめましょう。

あなたの職場に、自分の

 

③頭髪の校則は守りましょう

うちの勤務先で生徒に禁じている髪型で来た実習生がいるらしく。笑

仕事の一貫として来るんだから、社会人に見合う髪型で来ましょう。

服は当然スーツね。

 

 

④大勢の前で、大きな声で目を見てはきはきしゃべる練習ぐらいはしとけ

まず、実習行ったら、朝礼時に「職員室の先生方に挨拶してください」的なパターン多いし。

いきなり50人ぐらいの大人の前で喋ることになるし、そのあと授業で生徒の前に立たなきゃなんない。

指導教員も、授業内容のアドバイスをしたいと思ってるので、声ぐらいは張れるようにしておいて。

意外と前に出ると声が小さくなる人多いです。

あと、手元ばっかり見て喋る人も。

欲を言えば、黒板にまっすぐ綺麗な字を書く練習ぐらいしておいてほしい。

塾講師経験が一番手っ取り早いんだけどね。

 

⑤授業案は先生に見てもらう。なるべく早めに。

研究授業はともかく、それ以外の授業でも事前に打ち合わせをすること。

自分で打ち合わせのお願いはしに来てください。

先生って多忙だから忘れちゃうので。

あと、余裕をもって来ること。

ギリギリに来て修正入ったら、直している時間なくなっちゃう。

多分いきなり授業はうまくできないんですよ、大体。

その時に「アドバイスを請うた上でのミス」か、「勝手にやって勝手にミス」か、どっちがイメージ悪くないかは一目瞭然。

心証悪くして実習やりにくくなるのは自分です。

 

⑥教員たちはあくまで生徒の先生。実習生の先生ではない。

面倒見良いタイプの先生に当たれば、実習生の先生もやってくれるかもだけれど。

実習生であっても生徒ではないので、先生がつくわけじゃない。

さんざん大学とかで「実習生も社会人としての自覚を持ち~」とか言われるけどまさにそれ。

実習生は生徒じゃない。

いきなり一人前の働きをしてくれとは言わないけど、自分の意識で注意できるミスは極力減らしていただければ。

あと、生徒じゃないんだから受身でずっといるのはやめておこう。 

仕事はもちろん、コミュニケーションも自発的にとりましょう。

 

 

 

まあ色々と書きましたけれど、「一生懸命頑張ります★」みたいな意欲があって、実際行動も伴ってれば、大体先生方は歓迎ムードになります。

歓迎ムードの先生と過ごす方が、絶対実習そのものがやりやすいから。

あとは、先生のほうも気を使って、実習生の学びの場を増やしてくれるから。

間違っても「資格取るだけだし」と投げやりな気持ちで来ないこと!  

下手したら実習中止になるよ。

先生になるつもりがなくても、教育実習ってすごく有意義な経験になると思うので、皆さん有効活用してくださーい。

私もまた実習生に戻りたいな~笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「恋は雨あがりのように」感想

またまた映画感想記事。

映画レビューブログかって感じだね。

何で二週に渡って映画行ってるかっていうと、仕事が暇ってのもあるけど、週末遊んでくれる人がいないから一人遊びで出来るのが映画だったってだけだよ\(^o^)/

つらみ…笑

 

普段日曜の昼間はキックボクシングなんだけど、天気が良かったから急に思い立って映画。

コナンは見ちゃったから、「恋は雨あがりのように」にしました。

一応漫画は無料版で読める冒頭だけ読んだことあり。

漫画が好きな感じだったから行ってみた。

 

はい、以下盛大なネタバレ感想~!!

 

上記の通り、「ちょっとだけ漫画版読者」という前提での感想。

私はメインの3つの観点プラス2つの見所があると思ったので、それら5点から感想をまとめてみた。

 

見所その1 恋

まあそうだよね、タイトルに恋って入ってるもんね。

そもそもメインのあらすじが「女子高生×45歳ファミレス店長の恋」ってわけだし。

ちなみにこの恋、成就しないよ。ネタバレですけど。

なので、「甘酸っぱいハッピーエンドなラブラブストーリー★」みたいなベタなことも起こらない。

「友人としてのハグ」程度がマックス。

でも、恋愛モノとして良かったなと思えたのが、主人公あきら(女子高生)のまっすぐさ。

 

私的には、バイト先のチャラ男・加瀬が良い味出してるなと思いまして。

彼の台詞「スポーツマンだから(無理めな相手でも)まっすぐ行くんでしょ」的な台詞があって。

色んな人からあきらの片想いは理解されないし応援もされない訳ですよ。

そりゃ客観的に見ても厳しいよね!

45歳バツイチ子持ちファミレス店長と女子高生の組み合わせじゃあ、うっかり犯罪だと思われるわ。

でもちゃんとあきらは思いを伝えるし、最後は成就しないにしても、伝えきったから良い関係でいられるんじゃないかな。

加瀬の台詞を聞いて、私も現役スポーツマンじゃないし運動音痴だけど、女子力で勝負しに行くタイプじゃないんだから、このあきらみたいなまっすぐさが必要なんじゃないかと思わされたり。

 

あともう一つ加瀬の台詞で「店長は君から恋っていう楽しいことを取り上げることを懸念してるけど、他の楽しいことに目を向ければ?」的なのがあり、これも結構大事なこと言ってると思う。

恋って、楽しいし没頭できる。場合によるけど。

でも、本当にやりたいことに目を向けない為に没頭する恋っていうのは、良い恋じゃない。

 

私、恋したくなるのは大体何かしら辛いときで。笑

恋して他のことも頑張れる恋愛なら良いけれども、目を背けて癒しを求める為だけなら相手に失礼だし自分に宜しくない恋だよね。

 

最後には自分のことと向き合って、周りの反応気にせず気持ちもきっちり伝えて、ちゃんと自分の糧となるような恋愛が出来たあきらは幸せだと思う。

というか、ちゃんと自分で幸せ掴みに行けてると思う。

成就しなくても、こんなに良い恋愛あるんだなと感じさせれる。

 

見所その2 夢

店長にもあきらにも、諦めかけていた夢がそれぞれあって。

小説家になりたかったけど、なれないまま、原稿用紙も白紙のままの店長の夢。

陸上のスーパースターだったけど、怪我で競技から離れてしまったあきらの夢。

最後二人は、それぞれの夢に向かって歩き出している。

店長が小説家を諦めきれないことについて、店長自身は「未練だ」と言ってるけど、友人で小説家のちひろは「執着だ」と言う。

執着って言えば、ちゃんと現在進行形。

あきらだって、途中で休んだけれど、結局執着があった故の競技復帰。

 

私にも、夢と言うか野望と言うものが実は一個あるんだけども(笑)、どれだけ執着できてるかな。

あきらや店長みたいに、途中で休んでも、最後は戻ってきたい。

ちょっとでも心残りがあるなら、それをそのままにしてしまえば、思い出じゃなくて進めなくなるだけ。

そんな感じのことを、店長が言っておりました。

 

見所その3 友情

店長は作家の夢を、あきらは陸上の夢を再燃させて、それぞれの道を歩み出すのだけれど、それぞれ大きなきっかけを与えてくれたのが友人。

夢を目指すときって、早々ずっと全力疾走してられなくて、迷ったり立ち止まったりすることもある。

そんなときに、道で待っていてくれる友人がいるっていうのは心強い。

助けてくれる人でもあるし、同じ道のライバルでもある。

一人で走っていくよりずっと強くなれると思う。

 

 

さてさて、この3つは多分定番の観点なんですよね。

恋と夢と友情が、本当に上手に描かれた映画だったと思う。

あと2つの観点は、私の蛇足です。笑

 

見所その4 ファミレス

もうねー、変な観点であることは百も承知!笑

でも、約8年ファミレスバイトだった自分としては、そこの描写見ずにはいられないよね!

多分うちの系列店のパクリだし!笑

 

映画見てると、ぶわーっと懐かしくなった。

伝票がぶら下がってるのとか、控え室がごちゃごちゃしてんのとか、控え室の旧式のやたらかさばるPCとか、あの狭い控え室でご飯食べるときに他の店員もいる気まずさとか!

バイト店員は多すぎだと思うけど。

キッチン何人いんのよ。笑

ファミレスの裏側の、一般には見えない日常の積み重ねみたいなのを見せられて、ぐっと懐かしい気分になった。

 

ファミレスのバイトって、パートとか社員以外は学生で、長く居るもんではない。

学生生活の片手間にやって、やがてそこを去って自分の道を進んでいく。

ちょっとした小休止。

家族かってぐらい一緒に過ごしても、辞めてしまえばなかなか戻ることもない。

店長とかパートで長く居る人が、それを見送っていく訳で、それって結構切ない。

私もたまーにお客さんとして行くことはあっても、あのファミレスの裏側を、バイト仲間と見ることはない。

時の流れを感じるね。

 

見所その5 高校生活

主人公のあきらは女子高生だから、高校の描写もある。

放課後のシーン、夏で蝉が鳴いてて、皆各自で部活向かって、帰る人もいて、っていう何気ない描写が懐かしい。

特に放課後、あの突如ぽんっと暇なところに放り出されるのが、本当高校生らしい。

私も高校で働いているわけだけど、現役の高校生の見方はもう出来ない。

放課後なった瞬間、仕事しなきゃー!!ってなるし。

「高校生には夢と希望が溢れてる」って店長が言ってたけど本当にそう。

きらきらしてるよね、うらやましい。

私の夢と希望も、負けないように、目減りしないようにしなきゃ。

 

 

はい、こんな感じで見所5選でした。

くすっと笑えるシーンも結構あって、出てくる人が皆いい人だから、温かな心で見れました。

最後のシーンで、店長とあきらはもう別々の道を歩んでいて、ファミレスの仲間ではないんだなと思うと思わず泣いた!

映画館で泣くのっていつぶりかな?

人にはスポーツマンらしくまっすぐな思いでぶつかって、夢は忘れないようにしなきゃって思わせてくれました。

良作です!

 

 

 

 

コナン「ゼロの執行人」見てきたよ‼

あ、先に言っておきますが、盛大にネタバレしますたぶん。笑

 

毎年コナン映画はちゃんと劇場で見るのがモットー。

ですが、今回大変悲しいことに…コナン友達が!いねえ!!

一緒に見に行っていたコナン友達も数名いるんだけど、結婚やら妊娠やら出産やら同棲の引っ越しやらで皆お忙しそうで。

唯一付き合ってくれそうなのが関西のコナン友達だけど、さすがにコナンの映画見る為だけに関西行くのは厳しい。笑

結局、一人映画…笑

皆お幸せで、コナン友達は減り行くという悲しい現状を突きつけられたので、私も結構切実にお幸せになりたい。

アラサーで結婚したくなる女性の気持ちが分かるようになってしまった今日この頃。

 

で、ぼっちコナンしてきたけど、封切りからだいぶ経ってるのにすごい客入り!

ほとんど席埋まってた! 

シングルだから取れたけど!!笑

 

今回の映画は「ゼロの執行人」というタイトルからも分かるように、ゼロこと安室さんのメイン回!

安室さん最近人気だよねー。

「漆黒の悪夢」の時も、赤井×安室に女の子達が沸いておりましたが…。

ちなみに私は別に安室推しではない。

人気でそうなキャラだなーとは思ってるけど。

私は一番好きなのは京極さん。

京極さんは園子の彼氏。滅多に出てこないけど!泣

 

で、序盤に、サミット会場となる新しい建物の紹介。

はい、コナン映画見る皆さん、新しい/珍しい建築物は基本爆破されるからね!

フラグ立ててね!!

 

ただ、普段は終盤で爆破が多いんだけど、今回は序盤でいきなり爆破。

おいおーい!

紹介された次の瞬間には粉々やないかーい!!

 

そして、その犯人にでっちあげられる毛利小五郎

小五郎の潔白を晴らす為に頑張るコナン。

でっちあげたサイドっぽい安室さん。

珍しく、コナンvs安室さん、という状態…だけどまあ最終的には安室さんとコナンで協力体勢。

まあ知ってたよ。

 

あと序盤で、人工衛星?惑星探査機?のニュース。

はい、ニュース番組で出て来たものは、事件に絡むよ!ここ大事!

 

で、なんやかんや色々あって、小五郎のおっちゃんの無罪が決まる。

決まったのはいいんだけど、多少コナンの努力のお陰でもあるんだけど、ほぼ警察やら検察やら公安やらの権力のお陰っていう…。

この国、偉い人の判断で罪でっちあげたりひっこめたり出来るらしいよ!こっわー!!

 

で、阿笠博士が全世界もびっくりなドローンを開発。

それを操縦してウン万人を守った少年探偵団。

阿笠博士も少年探偵団もだいぶ並外れてるよね!

コナンが人外すぎてみんな忘れてるけど、この人たちもだいぶすごいよ!!

 

そして避難する蘭たち。

蘭たちが避難してある建物に向かうわけですが…向かった瞬間分かりますね、蘭が行くということは爆破です。

 

人々を救う為車を飛ばす安室さん。

どんなドライブテクかな?!?!

30回ぐらい死んでると思うんだけど。

でもまあ女子大興奮のかっこよさ。

そして、コナンの「安室さんって彼女いるの?」という唐突な問い。どしたの?

それに対する安室さんの「僕の恋人は国」という解答。

安室ファンじゃないのにうっかり惚れそう…。

安室ファン、これで絶対増えたから。

 

最後は安室さんとコナンが協力して皆を守るという安定のフィナーレ。

博士の作ったサッカーボールだけで爆破回避とか、そっちの発明品もだいぶすごい。

 

あと、それと同時進行で進んでいた複雑な人間ドラマ。

複雑すぎて一発目ではよくわかんなかったけど、復習したら理解。

「真実はいつもひとつだけど、正義は人の数だけある」みたいな福山雅治の主題歌が染みます。

 

 

てな感じで、お一人様コナン、すごい面白かったです。

家でダラダラしてるより、よっぽど一人映画のが精神にいいわ。

が、願わくば次回作は誰かと見に行って語り合いたい…!笑

春の近況みたいな

いやー、4月から、仕事で今年は落ち込まないことに細心の注意を払いつつ働いてきたので、仕事面はまあまあ大丈夫。

しかし、そっちに気を張って生きてるから、何かもうそれでいっぱいいっぱいみたいになってたよ…!

ジムはかろうじて毎週ちゃんと通ってるし、休みの日にひきこもると気持ちが落ちることも分かったからなるべく人と会うようにもしている。

しかし、読書とか勉強はさっぱりですわ。

そろそろ心に余裕が出来るかな…と思いきや、なんやかんや片付けなきゃいけない問題が出てきたり。

でもまあ、現状では去年より全然いける。

アカンな状態に陥る日が来ないか、綱渡り精神なところはあるけれど、現状はそれなりに元気にやってます。

 

台湾記事の進みが遅すぎて(4月がマジ余裕なくて全然書けなかった)、何か「日常の日記をつける」という用途がこのブログで果たせてなかったけど(笑)、そろそろ普通の日記に戻ってきます。

ちなみに台湾は大変楽しかった。

やっぱ定期的に旅行休暇を頂きたい。

ずっと生活圏内にとどまって活動してたら脳みそ錆びるわ。

 

4月はとにかく、仕事優先!と思いつつ生きてまいりました。

ゆーて人にはまあまあ会ってたかな?

 

あ、そういえば人生初お葬式もあった。

うちの職場でも忌引き取れるのか(いや、そりゃまあ取れるだろうけど)って感心したわ。

祖母だけど、縁があまりなかったから、大変不謹慎だけどちょっと忘れていたくらい。

お葬式って手間暇かかるもんだけど、こうやって時間をかけるからこそ色々思い出したりするもんなのかもね。

 

どうにかこうにかGWまでたどり着いて、GWは存分に満喫。

メインイベントは友人Rと金沢。

しかーし、私+Rの組み合わせって、天候悪くなるのがお約束。

雨の日もあったし、何より寒い!!!

スマホの充電器で暖を取るレベルよ…。

 

GWの金沢のホテルとか価格が破壊的で、温泉ついてないくせに一泊三万くらい。

しかし、高級ホテルの居心地の良さはやばい。

景色最高、清潔で広々、アメニティとかサービス品の充実っぷりもやばい。

ホテルでまったりするためだけに旅してもいいんじゃないかと思えるくらい。

ちなみに駅前のニッコーホテル。

 

私は、旅行はアグレッシブ派だけど、Rが真逆の路線なので超まったり旅行。

台湾のようなアグレッシブさは全くなし。

それでも、金沢城の方行って石垣を極めたり(笑)、閑散とした武家屋敷の街並みを眺め、謎のオッサンに捕まりやたら指定されながら写真を撮ったり、古い学校の資料館的なやつ見たり、錦糸町市場の行列に並んで美味しい寿司食べたり、美味しい天丼食べたり、なぜかタピオカ二杯くらい飲んだり、とまあ充実してたんじゃないでしょうかね。

のどぐろもちゃんと食べたよ!

寿司と焼き魚で食べたけど、焼いてあるほうが美味しいんだね。

 

基本的にRが人混みとか外とか疲れることとか汚れることを全部拒否するので(笑)、まったり旅行になる。

けど、社会人の休息としては良いね。

お金と時間があったら、こういう楽しみ方を極めるんだろうなーって感じ。

まだ私にはちょっと早いけどね。

国内なら日本のサービス精神をありがたく満喫してのほほんと過ごすのでもいいかも。

海外行くならもったいないから気合入れてまわるけど!

 

あとは、遠方で親戚の結婚式もありました。

以前クリスマスに新幹線で結婚式行ったんだけど、まーた新幹線ですわ。

しかも残念なことに、こちらも縁の遠い親戚でして、そんな親しくないという。

どーーーしても他人事にしかならないんだけどね、でも他人事として、「人から祝福されて幸せそうだから結婚式ええな…」と思ってしまった…。

結婚願望ないはずだったんだけどなー。

ここんとこ、出てきましたわ…。

アラサーの通る道ですかね…。

あと、まーーー親戚とはいえ心情としては他人なんだけど、どんな人でもこれくらいの年になると色んな歴史があるんだなって思いました。

ムービーとか見るし、招待客の挨拶とかもあったりで、その人の人生ってちょっとわかるじゃん。

社会人になったら、もう全然ばらばらのフィールドになるんだなーって。

 

あとあと、親しくないから存在感消しとこ…と思ったのに、なぜかブーケトスでブーケ確保www

いやー、これ、絶対新婦の親しい友人がもらったほうが盛り上がったって!!

新婦友人たち及び新婦及び私、皆でちょっと微妙な反応になってしまったwww

ブーケに罪はないと思うので、私にご利益運んできてくれるように祈っておきました。

 

そんなこんなで、何かあっという間に日々が過ぎてる。

気づいたら誕生日も迎えていたので、一個年も重ねてました。

何か、この年齢で年を重ねていくって、プレッシャーをのっけていくだけなのであんまりうれしくない…涙

年相応の人間になれるように頑張らねば。

そろそろ心に余裕を持って生活を送りたいかな!

 

では、ぼちぼち夏に向けて頑張っていきましょー!

 

 

台湾女子旅【3日目】

さて、悲しみの最終日3日目。

台湾楽しい…全然まだ居たい…涙

 

午後のフライトだったから、午前中時間あり、朝市へ。

 


f:id:katywoyton:20180506194037j:image

 

みんな活気溢れてる。

いきなりジャパネットみたいな叩き売り始まるし。

 


f:id:katywoyton:20180506194124j:image

市場の真ん中にまたド派手な寺あるし。

 

マンゴーとかドライフルーツとか何か美味しそうな揚げ物とか食べたり。

で、最後は魚スープでしめる。

 


f:id:katywoyton:20180506194307j:image

 

結構ガチに魚。笑

優しい味でした。

 

そして、泣く泣く空港へ向かう時間…。

本当に、旅行の買える瞬間が辛すぎて。涙

しかも、今仕事の日々の中で記事書いてるから、楽しかった日々と現実との落差がなおさら辛い!涙

 

ラストタピオカ!


f:id:katywoyton:20180509230956j:image

フライトまで時間なくて、空港ダッシュしながら飲んだから喉つまりそうだった。笑

 

楽しかった台湾にさよならして、夕方には帰国。

 

台湾は、天気も良かったし、ご飯も美味しくて観光地も回りやすくて、ホテルも過ごしやすくて、本当に海外旅行としては行きやすかった!

また気軽に行きたいな。

 

ちなみに私はこのまま祖父母宅へ行き、春休み続行。

でも新学期が近づいており戦々恐々。

Mは何と翌日から出勤。

楽しい時間はあっという間過ぎる…。

今忙しい日々だから忘れがちだけど、やっぱ海外旅行は刺激的なのでなるべくいっぱい行きたい!

 

で、ようやく台湾日記終わりです!

普通の日記に入れるー!!笑

 

台湾女子旅【2日目②】

さて、九ふんのお茶屋さんに入ることにした我々ですが、目星をつけていた店は貸し切りティーパーティーをするらしくお断りされ。

とりあえずガイドブックに載ってたお店へ。

店名は忘れましたー。

 

ガイドブックに載ってるくらいだから混んでると思うじゃないですか。

しかし!

まさかの貸切状態!!


f:id:katywoyton:20180506192014j:image

 

テラス誰もおらず、てか多分我々以外に客おらず。

広いテラスを満喫。


f:id:katywoyton:20180506192200j:image

意外とお茶菓子は洋風。

私は東方美人茶を注文。完全に名前だけでチョイス。

味は紅茶に近い。

 

天気良いし、何よりのびのび出来て、気持ち良すぎて店から出られず。笑

ずーっとここでのんびりしてました。

ほんと、田舎のおばあちゃんちみたいな空気だったなー。

 

で、夕方頃九ふんは去り、台北市内へカムバック。

いやー、九ふん本当に良かった。

ただし、交通アクセスがあまり良くないので、半日は潰れると思っておきましょう。

 

台北市内で、何か飲もうということで、ガイドブックに載ってた牛乳大王。

 


f:id:katywoyton:20180506192634j:image

 

店名だけで盛り上がれてしまう我々。

これは紫芋のミルクシェイク的なもの。

結構さっぱりしてた。

 

晩御飯にはまだ時間があったので、お土産を買いに市内散策。

私が良いお茶を買いたかったため、二件お茶屋をハシゴさせてもらいました。


f:id:katywoyton:20180506192807j:image

このお店は、店員さんが台湾式のやり方でお茶入れてくれて試飲させてくれます。

お茶の入れ方、難しそうだったー!

ちなみに日本語ペラペラだから、お茶もめっちゃ解説してくれる。

私は四季春ってお茶を購入。

 

で、本日が最後の晩餐になるのでちょっと奮発!

台湾料理発祥の店とかいう、格式高そうなお店へ。

 


f:id:katywoyton:20180506193140j:image

店名読めないけどここな。

 

蟹おこわが名物らしく、美味しくいただきました。


f:id:katywoyton:20180506193244j:image

 

もうさー見た目からして美味しいよね。

実際美味しいから。

他に、空心菜とかオムレツとか頼んだけど、全部 美味しかったから。

台湾料理に感動。

 

で、今日牛乳大王は行ったけどタピオカ飲んでねーし!ということになったので、タピオカを買って帰る。

 


f:id:katywoyton:20180506193439j:image

タピオカの店なのにmilk shop。

また店名で盛り上がる我々。

 

お酒とか買ってホテルで飲もうということで…

 


f:id:katywoyton:20180506193543j:image

 

フルーツビールと科学麺。

科学麺でまた盛り上がる。

名前がやばいしパッケージもやばい。

これの裏面、謎の手相だからね。

ちなみにこれは、ベビースターラーメンみたくお湯はそそがないで食べるんだけど、食し方間違えてあまり味がしなかったw

台湾行く人、科学麺食べるなら食べ方検索してからやってね。

ちなみに科学麺はコンビニとかで手軽に買えるよ!

 

そんな感じで2日目終了。

帰国が見えてきて死にたくなってきていた2日目の夜でしたとさ。

台湾女子旅【2日目①】

やばいやばい、GWになってしまうからいい加減台湾の話は終わらせたい!笑

 

2日目は九ふんへ行こうってなり、ただ、夜の提灯ライトアップは絶対混むだろうということで昼に行くことに。

その前に、朝ごはんをおいしいお店で食べたい!ということでガイドブックのお店へ。

 

ガイドブックにも30分ぐらいは並ぶと書いてあったけど、余裕で1時間くらい並んだ!

並んでる最中にいきなり声かけられて、何かと思ったら、前日に道案内してくれた家族連れとたまたま遭遇ー!!

これはほんとに驚いた。笑

奇遇すぎる!

 

並んで並んで、ようやく朝ごはんをゲット。


f:id:katywoyton:20180502101053j:image

 

左の長いやつが、パンに揚げパンが挟まっているという炭水化物の鬼。

奥がお粥、手前はホットの豆乳、右がお焼きみたいなの。

これは並ぶ価値ある美味しさ!

ずーっと美味しいっていいながら食べてた。

フードコートの中みたいなところにあったけど、ここ以外全く混んでなかった。笑

 

 

腹ごしらえも出来たので、電車で九ふんに向かいます。

瑞芳って駅で乗り換え。


f:id:katywoyton:20180502101604j:image

ただの乗換駅でテンションの上がる我々。

街並みが良い感じだったもので…

 

f:id:katywoyton:20180502101653j:image


ここから路線バス。

結構混むけど座れた!

山道をぐねぐね上がっていきます。

 

で、ついたら良い景色ー!!


f:id:katywoyton:20180502102241j:image

 

山の上のほうだから景観が最高。

セブンイレブン横の、狭い道を入っていくと、あの九ふんっぽい景色になります。

 



f:id:katywoyton:20180502102357j:image

テンション上がりすぎて写真撮りっぱなし!

商店街みたいになってて、食べ物やお土産の屋台が続く。


f:id:katywoyton:20180502102527j:image

 

すごい人気の餅屋?みたいなのがあったから、並んでみた。

芋餅とよもぎ餅頼んだんだけど、芋餅が何か予想外の味だった。笑

 


f:id:katywoyton:20180502102641j:image

 

中国っぽくて絵になるよね~!!

 

しばらくはアーケードみたいな感じが続くけど、そのうち外に出る。

暑かったけど、ほんといい眺め。

 


f:id:katywoyton:20180502102748j:image

暑かったから、外に座って冷やしぜんざい的なものを食べた。

これも皆食べてた。

餅とか豆とか氷とかがいっぱい入ってる。

この店、眺めのいいところにあったから気持ち良かったなー!

 

しばらく歩くと、あの「いかにも九ふん!」な景色に。

 


f:id:katywoyton:20180502102946j:image

 

ガイドブックによくあるあの景色!!

テンションマックスで写真撮りまくり。

いやーーー本当に素敵な雰囲気。

この辺は全部景観を売りにするお茶屋さんとかなので、どれかに入ってみようということに。

 

次の記事に続けます!