かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

夏休みを振りかえって二学期の目標

※確か1~2週間遅れの記事。

 

24時間テレビやってるの見ると、夏の終わりを感じる。

今年の夏はあんまり暑くなかったから、夏自体感じられてないけど。

蝉じゃなくて鈴虫か何かが鳴いてる。日が暮れると涼しい。

この秋の入り口の感じ、良い雰囲気なんだけど、寂しくて辛い。笑

秋っていうと、大学の学部時代を思い出す。

大体よみがえるのは、某キャンパスの坂道。

部活が18時開始だったから、秋に部活に向かう時は暗い坂道を歩くことになる。

季節が深まるにつれて、どんどん道が暗くなっていくんだよね。

そうなってくるともう、秋やら冬やら感じざるを得ないわけで。

大学生の秋って、もう色んな事が終わりに向かっていく季節。

1~3月ってほとんど活動してないから、実質年末が終わりというか、区切りの時期になってくる。

部活は9~11月が最後の大会とかで、もうそこに向かって調整していくしかない。

授業とかゼミは、年明けは実質テストやレポートしかないから、年末で授業は終わり。

色んなものが「今年最後」に向かっていく。

文化祭に向かって盛り上がりを見せているのを横目に見てるだけだったけど、出来上がっていくのを見て何かしみじみしてしまう。

部活を除けば、大学しては最大にして最後の盛り上がりイベントだからかな。

で、文化祭が終わってすべてが片付けられてるのを見ると、もう年末に向かっていくしかないんだなっていう、追い詰められた気分になる。

とにかく、大学は年末が終わりの季節だし、秋は終わりに向かって一直線だから、ひたすらにつらかった。

辛い辛い言いまくるから、友達には心配されるか笑われるかしてた。笑

あの、暗くなった秋~冬の夜の坂道を思い出すと、今でも「ヴぁーーーー」ってなる。「ヴぁーーーーー」って感じ。ほんとに!

 

翻って、高校(の教師サイド)だとどうだろうね。

まさにこれからって感じ?二学期が一番長いし。

でも、定期試験2回やって、文化祭もやってたら、あっという間なんだろうな。

 

高校教師の夏休みもそろそろ終わりを迎えるけど、夏の締めくくりは研修でした。

研修で締めれて良かった!

色んな私立の若手先生に会った結果、私は別に教師としての適性に著しく欠如するわけではないはず、というポジティブな結論に至った。

だって皆似たり寄ったりだし。笑

別に私一人の問題じゃないし、愚痴っても萎えてもいいんだなって。

完璧型っぽい人もそりゃあいたけど、そんなん少数派。いいのいいの、私は発展途上です。

あと、私学ってやっぱ校風だして経営重視してるんだなと実感。

勤務先が商売好きなだけなのかと思ってたけど、今時どこでもそうしなきゃ生きていけないらしい。

私立で働く限り、その学校のカラーに教師が真っ先に乗っていかなきゃいけない。

うちに限った話ではなくて、皆そうしてる。それで、皆多かれ少なかれそれに苦労していたりもする。

でも、そこに、私立の先生の矜持があるのかもしれませんねー。

自分のカラーを出せるように、自分の価値を出せるように、まだまだ努力が必要だなという実感が得られたのが収穫。

人と比べるとやる気が出るタイプです。

 

夏休みの振り返りやろうと思ったんだけど、ろくな過ごし方してないから振り返ってもちょっとアレだな…やめとく。笑

まあまあ、夏休みは心のリハビリ期間として有効活用したから良し。

あと数日後の二学期からまた頑張りましょう。

 

というわけで!おなじみ目標シリーズ、二学期編。

夏休みの目標が達成されていたか振り返るのは無し!なぜなら何もやってないから!!爆

 

二学期の目標

①生活と精神を整える

一学期末あたりから整わなすぎだったから、本当にこのレベルから気を付ける。

生活と精神は密接に結びついていると実感した。

疲れたらなるべく休む時間を取る、疲れてなくても意識的に休みは入れていく、ちゃんと自分をケアする、部屋を片付ける、人と会う、愚痴る、色々溜めない、エトセトラ。

虫歯が多発してることが夏休みに判明したから、美容的なやつに限らず、体のメンテナンスって大事だと思った。

 

②生徒指導系の本を読む

これ、私が超軽視してたやつ!笑

所詮経験がものを言うとは思うんだけどね…足りない経験を埋めるためには勉強せにゃ。

研修で心から思ったので実行しましょう。あの時のやる気を、私が忘れませんように…笑

 

③見通しを持って仕事をする

目の前の仕事をこなすのに必死な一学期だったけど、二学期は見通しを持ちたい。

計画的に仕事を進められるように、ちゃんと予定を把握する。分からない予定は人に聞いておく。

行き当たりばったりに仕事しない。

で、暇の出来そうな所を把握しておいて、空いた時間は有効活用。

 

④まずは目の前の仕事を頑張る

何か③と矛盾する気はするけども。

私、実際問題として、人生レベルでの見通しはある! 

③のやつはもうちょっと細かい、仕事レベルでの話。

で、④については、人生レベルで考えるのも良いけど並行して仕事にはまってみよう、とゆうこと。

仕事に「はまる」って感覚、皆無だったから。はまると社畜になりそうじゃん!笑

でも、人生レベルで考えられてるなら多分大丈夫。今は修業だと思ってどっぷり仕事する。 

 

 

ざっくりこんな感じかな。特に頑張るのはやっぱ①。生活は大事。

あんま綿密に予定立てても大体達成できなくてストレスになるだけ。

なのでこんなもんで良し。

二学期終わる頃に振り返ろう。

 

 

 

 

 

 

 

友達効果

お盆はずっと天気悪くて、暑い夏好きの私には最悪。

意外とお盆に予定が無くて、晴れだったら出掛けただろうけど、常に雨でランニングすら出来ず。

ジムもお盆は閉鎖中。

出掛けることも出来ないなら、いっそダラダラを極めてやろうと思い、ほんっとーに徹底してだらけといた。

夜6時間ぐらい寝て、昼間も6時間ぐらい寝てた。

これほど寝てたら夜眠れなくなるかなーと思ったけど、意外と夜もぐっすり。さすがに3日目くらいに寝すぎで頭痛きたけど。笑

ちょっと自己嫌悪するレベルでだらけきったので(これを大学4年間続けていた弟はすごいと思った笑)、外界に接しようと思い、Bちゃん誘ってランチ。

 

私の手っ取り早い気分転換は友達に会うこと。

今月はいっぱい友達に会った。時間あるときに会っとこうと思って。

一人の友達に全部の役割を求めるのは無理があるから、長く続く色んなジャンルの友達がいるのはありがたい。

小学校の時の友達ですらまだ会ってる。

小学校の友達については、今月頭に同窓会という形で集まってBBQした。

小学校のメンバーは、気合いれて予定組まない限り会わないから、ぶらっと集まる感じではないけれど、集まったらいろんなタイプの人生の話が聞けて良い。

この間のメンバーも、皆大体会社員で、職種はばらばら。どんな生活送ってるのか聞けるのは面白い。

先生業の人としか話してないと感覚ずれるんだよね。先生ってほんとに特殊だなあと思う。

同級生が、普通に有給とったり週休二日だったり夏休みとったり、って話聞くと、先生の異常な勤務形態に納得してる場合ではないなと実感。笑

あと、海外慣れしてる人しかいないから、ふつーに海外トークが出来る。

意外と海外話出来ない人多いのは最近発見した。

 

大学の一般教養で一緒だったご縁で、今も仲良くしてるD氏は、ワンシーズンに1回くらいのペースで会ってる。

ちょっと面白い所に行くのは彼女。鎌倉とか水族館とか三浦海岸とか。

大体どこ行っても喜んでくれるので嬉しい。

あと、教員ではないけど教育関係のお仕事の人だから、多少の同業トークが出来る。

どっぷり先生ではないけど、現場のこともよく知ってるから、アンチ教員話とかちょっと盛り上がれるのがありがたい。

 

一番良く会うのは高校からの友達のRで、連絡も一番取ってて、唐突にくだらないlineが来たりする。

彼女はD氏と逆で、超保守派だから、新しい所とか絶対に行かない。

清潔で安定した所しか行きたがらない。多分この子と海外旅行は合わないだろうなー。

ただ、存分に愚痴やらディスったりやら出来るのもこの子。二人集ったら、会話の半分以上は悪口だわw

遠慮なくくだらないことを言えるからストレス発散になる。

あと、この子と遊ぶときは大体彼女のご希望で小綺麗な場所になるから、自分も小綺麗にしとかなきゃ…って気分になる。

学校って、こじゃれたオフィス(イメージ:丸の内)とは違って小綺麗さ皆無だから、そういうの普段忘れてしまう。

この子と会うときは「化粧して、リュックじゃないバックで、カジュアルじゃない服着て」みたいな機会を作れる。

 

あと、最近会う機会が減っちゃったけど、高校からの友達がお二人。

一人がご結婚してご出産したから、年一、二回くらいしか会えてないけど、なんだかんだでちゃんと続いてる。

ちなみに、こちらもアグレッシブめなタイプで、色々企画してくれる。適当人間の私としては大変ありがたい。

あと、それぞれ割と色んな人生のステージを歩んでいるので、先を見なきゃなーという気分にもなるし、焦らなくてもいいかなーという気分にもなる。

なお、こないだ会った時に「先を見なきゃ」の気分が刺激されて、某マッチングアプリ始めました。笑

私自身は結婚願望薄いタイプなんだけど、支えてくれる人がいるというのも尊いなと思いまして。笑

 

逆に、最近よく会うのが院の友達二人。一人がBちゃん。

BちゃんじゃないほうがMちゃんなのだけど、Mちゃんは総合的に見て友人の中で女子力がトップクラス。

料理出来て、家庭的で、持ち物とかがいちいち可愛く、なんつーか女子。ぶらぶら一緒に買い物すると楽しい。つい小物とか買いたくなっちゃう。

この子は先生やってる人だけど、「教育万歳」みたいな感じじゃないから、遠慮なく愚痴れる。

あと、研究室ネタもいける。うちのブラック研究室。笑

あと、お車をお持ちなので、ドライブ連れて行ってくれる。この子の運転のおかげで、ドライブ好きになった。

 

で、話戻りましてBちゃん。

留学生なんだけど、日本人の友達と喋ってるぐらいのテンションでいける。

主に研究室ネタ。

Bちゃんはまだ研究室にいるから、研究ってこういうものだったなあと思いだす。三年もいたのに、働いてると忘れちゃうもんだなあ。

あと、人生何とかなるもんだなーという感覚。

Bちゃんは、日本で働いたあと、日本の大学で修士を取って、その時とは別の今の大学で博士課程。どれも予定外だったそうな。

他の友達だと、大体計画通りな人生を歩んでるから。

Bちゃんと話してると、まだまだ可能性はあるし、多少行き当たりばったりな人生でもなんとかなるかもなって思えてほっとする。Bちゃん年上だしね。

しかも、日本やら母国やら行ったり来たりしてる子だから、国レベルで見たら生き方なんて色々あるんだろうなって。

ただ、安定よりやりたいことを求め続けるなら、相応の実力を身に付けるために努力し続けなきゃいけない思う。

それでも、私はそっちの道の方が性に合ってる。飽きっぽいから安定は飽きちゃうし。

でも、たまに辛くなったらのんきで強気なBちゃんに会って、元気をもらおうかな。

今回Bちゃんは不快な事件があったそうで、私が誘ったのは元気づけるためかと思ったらしいけど、どっちかっていうと私がポジティブになったわ。ありがと。

 

なお、本日彼女の洋服買うのに付き合ったけど、Sでもぶかぶかになっちゃう様子を見て、Lでも入らなかったりする私はいたく反省いたしました…。

あとは、仕事用っぽい服いっぱい見たから、私も仕事行くときもテンション上がる恰好すべきだなと思ったり。それでご機嫌に働けるならそうするわ。

 

私、友達に会いに行くと大概元気で前向きになるらしいから、これからもエネルギー切れる前にちゃんと会うようにしよっと。

会ってくれる友人が一人じゃなくて、しかもそれぞれ色んなタイプで良かった!

一人にどっぷりはまるんじゃない人間関係、人生がちょっと過ごしやすくなるからおすすめです。

仕事で落ち込んだり無気力な時の対処法

1学期は,生徒が慣れてくる→なめてかかる→生徒指導もうムリ…みたいな状況で,鬱々してた。仕事イヤイヤ病である。

私でも,「仕事だるい,やだ,休みたい」とか真剣に思う日が来るというのが想定外だった。

そういうのは,もともと仕事が嫌いな人か,もともとメンタル弱めの人か,よっぽど激務の人か,よっぽど人間関係が悪い職場で働く人かが思うものだと思ってた。

私は1つも該当していない。

好きで始めた仕事,メンタルはやたら強めで図太い,忙しいけど激務ではない。人間関係も,生徒とは良くないって言っても想定の範囲内だし,先生同士とも別に普通。

だけど,なんとなーく7月あたり無気力だった。

問題がそんな浮彫になっていないから,何が原因でどの程度自分の気力がないかもわからず,もやもやと過ごす日々。

この「もやもや」がまた,「ちゃんとできていないストレス」となり,マイナスの相乗効果。

このお休み中のうちに,対策を考えておこう。そして,やばくなったら実行する。これで2学期は完璧,なはず。

 

①問題は切り離して考える

例えば,クラスの生徒指導がうまくいかないとすべての仕事が嫌になる。でも,クラスの指導と関係ない仕事もいっぱいあるから。

関係ない仕事までつられて嫌になるのは宜しくない。

生徒指導が駄目でも,他クラスでの授業は問題ないのだから,そっちは普通に頑張ってやって楽しめば良いではないか。

自分のクラスが駄目でも,それは他のクラスには関係ないこと。むしろ,そういうときこそ,授業に楽しみを見出すべき。

 

②何をどう頑張ったのかは明らかに

なぜ明らかにする必要があるのか。

まず,自己肯定感の向上。

「大変だけど,私は具体的にはこれだけ頑張った」とちゃんと把握することで,ポジティブになれる気がする。また,「ここまでは頑張った」っていうのを明らかにすることで,躓いたポイントが分かる。

次に,いざというときに自分の身を守る為。これは③に続く。

 

③頑張っても無理なもんは投げる

もうね,生徒のことって言っても他人だから。他人を変えるのには限度があるから。

ただし,投げる前に,自分が揚げ足を取られそうなところは無くしておくこと。「やってないから無理なんじゃん」と突っ込まれることのないよう,自己防衛。

全て自分の責任の下で事を成そうとしないこと。無理なもんは無理なこともある。

勉強嫌いの子を数か月で勉強好きにすることは出来ない。生活習慣の整わない子の生活習慣を正してあげることは出来ない。むしろ,変えられるって思うのがおごり。

「私は最善を尽くしましたよ,あとはあなた次第」ってところまでしかできない。それは仕方ない。

 

④人と比べない

「威圧的な男性に生まれていたら…」とこの数か月,何度思ったことか!笑

もうそれは無理です。

他のクラスは落ち着いてる?それ,生徒のタイプの問題だから。

最終的に,最低限のことが完遂できればオッケー。途中経過を他人と比べない。

恐らく,周りもゴール地点のことしか見てないはず。

 

⑤「一年目に誰も期待すまい」

追い込むの禁止。心が弱ったらこの呪文!

同義語「今年を踏まえて来年頑張れば良い。今年は練習」

 

⑥焦らない

私,今まで期限付けて動くことしかなかった。

修士論文は〇年以内に完成,部活は引退するまでに〇〇を達成,受験までに偏差値を〇〇に…

そういう期限付きの目標が主だから,行動にも期限がつく。

でも,仕事はライフワークだから,期限は不要。今うまくいかなくても焦らないこと。

ちなみに,この事実,脱毛サロンで「無期限だから,妊娠挟んで1年後に脱毛の続きやる~って方もいますよ(^^)」って言われて,はたと気がついた。笑

良い先生になるのは最終目標,まだ焦るときではない。

 

⑦見えない将来に不安にならない

「三年生の担任とか忙しそう過ぎて無理…」「これから仕事増えるしかないのか…」とか,暗澹たる気持ちにならないこと。

そもそもあなた,ずっとそこにいますかね???

 

⑧どうにも無理っぽいときはさぼれ!休め!

休みを丸ごと取るのは無理だけど,何かを無理に進めようとしないこと。

別にオフの時間まで仕事のこと考える必要なし。余裕がないときはスイッチオフ。

余裕があるときは創意工夫して仕事すればいいけど,無理なときは最低限だけやって逃亡するくらいのスタンスで。

休んだら一生立ち上がれないのでは…みたいな恐れを抱いていたけど,現に私,既にもう仕事したい。笑

 

 

以上,八点。

私,「進歩してない恐怖症」みたいなのが強くて,空き時間もだらだらしてると結構な罪悪感に襲われたりする。でも,仕事においては「現状維持」も立派。

「私は頑張ってる!できないことあるのが普通!!」ぐらいの気持ちでいればオッケー。

それでも,どーにもこーにも無理そうなときは?

きっと「今結果が出てなくても,頑張ってる私には素晴らしい未来が待っている!」と夢想する。

私,えげつなくやばい状況でも,割と今までどうとでもなってるから。

 

ポジティブに!図々しく!無頓着に!!

私の基本スタンス。今後もぶれないでいきたいです。

 

私は私の可能性をまだ諦めるときじゃない

8月になりました。ぱっとしない天気だなー。

夏なら夏らしく、暑くて息苦しいくらいで構わないのに。涼しいのは秋からで結構。

私に夏を堪能させて!

 

さてさて、記事のタイトルがポエム臭いけど(笑)、これ私がいつも思ってること。

嫌なこととかあったら、こう考えるようにしてる。で、最近これよく考える。

つまり、嫌なことがあるってことである。笑笑

いや、積極的な嫌なことではないんだけども、ずーっと言ってる通りのもやもやの件で。

 

単刀直入に言えば、仕事を心から楽しめない!

すごーく嫌なことがあるわけでもない。仕事に失敗したわけでもない。

まあ仕事量は多いけど、教員としては許容範囲。

明確な不満があるっていうより、ずーっと漠然とした不安があって、まさに「得体の知れない不吉な塊」。←国語教師なら分かるはず。笑

時間出来たから、何が不安なんだろうって考えてた。

最初は、来年・再来年とどんどん忙しくなってしまうであろうことへの不安かなって思ってた。

まあこれはある。でもこれだけだと50%くらいしか正解じゃない。

自分の仕事の意義が無いかもって話も前に書いた気がするけど、それだけが正解ってわけでもない。

自分の可能性が削られていく不安。これが一番近いって気づいた。

 

 

正直、私は今の場所にに永住するつもりはない。

じゃあ何で働いてるのかと言えば、ひとえに自分の経験値を上げるため。

現金な話をすれば履歴書上の箔を付けたかったし、真面目な話をすれば経験を積んで成長したいと思ったから。

もちろん、仕事に打ち込む気はまんまんだった。だって仕事を通してしか成長はありえないから。

むしろ、仕事が自分の成長に直結するタイプの仕事だと思ってた。

だけど、3か月働いてみて、「あれ?」って思うことがぽろぽろ出て来た。

最大の「あれ?」は、「これ、私成長してる?」ってこと。

もっと言うと「これ、私の未来に繋がるような成長してる?」、そんな感じ。

この3ヶ月、私が多分一番蔑ろにしてたのが教科の内容。

教材研究が最も労力を割かなかったことだと思う。

でも、ぶっちゃけ一番ボロが出なかったのも教科の授業。 取り繕うのが上手いのかもしらないけど。

そうなると、授業準備がどんどん後回しになる。だって他の仕事が積もってるから。

私がこの3ヶ月で労力を割いたのは、課題を「やらせる」こと、なるべく秩序あるクラスを作ること、諸々の生徒の対応。

でも、それってこの職場水準でしか使えなくない?

私はもっと色んな所を見ようと思ってるのに。こういう能力、例えばうちの母校に就職したらいらないよ?

そもそも、それって先生がやること?

 

教科に対する能力だって、身に付いていないわけじゃない。

授業内容をうーんと噛み砕いた試験を量産することとか、くそ忙しくて準備できなくてもどーにか授業をやり過ごすこととか、試験に帳尻を合わせて授業することとか。

でも、それも私が特別工夫して出来るようになったことでもない。多分、もともと出来たけどやる機会がなかっただけのこと。

そして、この程度の能力って、別に一般の人でも普通に持ってる。ただ使う機会がないだけで。

そうしたら、先生って何なの?ってなる。

先生としての専門能力があるんじゃなくて、たまたま先生になった人がポテンシャル発揮してるだけなの?って思う。

 

 

私は今で培った能力の貯金を切り売りしてるだけで、何も成長してないのではないか。

そして、貯金は出ていくばかりで、何も入ってこず、さらに年を重ねて色んな事が不利になる一方ではないか。

これが私の不安の正体。

 

仕事で伸びないなら、オフで自分で勉強して、って思うと、次は仕事が邪魔になってしまう。そうすると仕事が嫌になるし、何のために仕事してるのかわけわかんなくなる。

そしたら、成長するどころか、仕事の為の勉強すら嫌になってしまう。

ずっと先のことを見据えているのに、目の前のことに足を掬われてるのが、焦燥感とか矛盾感になってたんじゃないかと思う。

 

でも、ゆっくり考えてみて思った。

いずれ今の場所を去るとしても、居る間はこの場所に全力を費やすべきなのではないか。

「ここはゴールではなくステップ」、そう思うなら、踏み台として最大限使いこなさなきゃ。

もやもやしてる間、嫌と言うほど先のことは考えた。多分、考えて、現時点でこれ以上考える余地が無い所までは来ている。

そうしたらもう、今出来るのは、目の前にある環境を使えるだけ使いきって自分を伸ばすこと。

それが思ってたのと別分野の能力だったとしても、伸びないよりはよっぽどいい。

 

私はここで尽くせるだけのベストを、まだ尽くしていない。

 

もやもやを吹き飛ばせるぐらい、目の前のことに没頭したい。

それは別に、未来を棄てる行為ではないから。

むしろ、今の場所をちゃんと次へのステップへ繋げるための手段だから。

色んなことを俯瞰しようとして冷静になってたし、もちろんそれは大事な視点でもあるけれど(メタ認知!笑)、もう充分考えた。

次はがむしゃらにやるターンでいい。

 

これでいいのか?っていう漠然とした不安はあるけど、そもそも「これでいい」わけじゃない。これはゴールじゃないから。

今必死にやることは、これからを切り開く武器になるはずだから。だから、辛くても大変でも別に絶望する必要はない。

私は今、未来を広げるという作業中だから。

 

私はまだ私の可能性を諦めるときじゃないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

学生時代を思い出す「ぐだぐだ」

前記事で「夏休み頑張る」的なことを言いましたが、頑張るのは1日からにすることにした。笑

今日は、がちな夏「休み」にする。

 

今、就職前の春休みぶりに「ぐだぐだ」してる。

就職してから、休みの日に「ぐだぐだ」したこと、ほぼ無かったと思う。

原則日曜しかない休みを「ぐだぐだ」に費やしちゃうとさすがにもったいないから。

大体休みでもアクティブだったな。ジム行くとか勉強するとか友達に会うとか。

充実してたけど、せっかく休みが出来たんで、今日はいったん一休み。 

学生時代ぶりの「ぐだぐだ」でーすヽ(・∀・)ノ

 

学生時代でも、学期中は割と毎日忙しかったから、昼間からぐだぐだできるのは長期休暇の平日ぐらい。

週末は、働いていてもいなくても、気合いの入ったぐだぐだはできない。

親がいて怒られるもんで。

「気合いの入ったぐだぐだ」って、何か矛盾する表現だけど(笑)、こんな感じ↓

 

 

朝はそれなりに早起き。7時台起床。だって強制的に起こされるから。笑

気分がよければ走りに行ったりもする。走ってる時点でぐだぐだを徹底できていないけどね。

走るのは好き。頭空っぽに出来る。

 

起こされるから、8時ぐらいには朝ごはん。

朝はNHK派の家庭だから、朝の連続テレビ小説見る。

そういえば、今朝、就職してから初めて「ひよっこ」見た。

 

8時半前、母お見送り。

あ、ちなみに母が仕事行ってくれないと気合いの入ったぐだぐだは出来ない。

しかし、母の休みは水・木・土・日。

多いよ…週の半分以上だよ…

今日は月曜で、出掛けた行ったから有効活用。

 

見送ったら寝直す。大体昼前までには起きれる。

今朝は弟が先に出掛けたから、それで起こされた。

朝、走っててもご飯食べてても、もう一度寝る。活動すると見せかけて、全然がっつり寝る。

 

昼は、目覚めるとお腹空いてるからご飯食べる。朝ごはん食って寝ただけなのに。笑

今日も寝て起きてまたご飯。日清のカップ麺。このジャンクな味が大好き。

仕事してると昼御飯なんてゆっくり食べれないなら、家万歳! 

 

その後は、日によってまちまち。でも出掛けることが多いかな。

さすがに終日家にいるのは気が引けるのと、親に自分の行動を悟られたくないw

親が帰ってくるときに、家にいたくない。

何にも予定がなくて、遠出もしたくなかったら、自宅付近のカフェに籠ってる。

元気があるときなら買い物とか。

今日は、ちょっと大学に行ってくる。所用があるため。

でもなー、別に今日じゃなくても良いかな

って気もしてる。笑

そしたら…どうしようかな。笑

 

それで、いつもなら夜の19時ぐらい、遅すぎないぐらいの時間に帰宅。

今日は夜飲み会だからそうはならないけど。

 

それで、夜は夜でぐだぐだする。私のぐだぐだの仕方は、ソファーに転がってスマホ

最近はニコ動かYouTube見てる。

本は座って読まないと読みにくいから、ぐだぐだしたいときには読書はパス。

 

昼間にあんだけ寝てたにも関わらず、1時半には寝ちゃう。

 

書いてみて、ほんと生産性ない過ごし方だなとは思う。笑

ただ、これを完遂することは学生時代から少なくて、午後に部活やらバイトやら遊びやらちょくちょく予定が入る。

今日だって、大学行くし夜は飲み会。

でも、ポイントは、朝からぐだぐだすること。これに限る。

うちは親が口うるさいので、週末でも朝からぐだぐだはNG。

逆に、休日の夕方とかは皆寝てる。笑

だからこそ、平日の朝からベッドでぐだぐだとか最高。

高校で部活の現役の時とかバイトしてなかったから、夏休みのオフは完全にこの過ごし方だったな。

 

今日久々にやってみて、懐かしい気分に浸れた。

あと、社会人になってしまうと、容易にこんなこと出来ないことへの一抹の寂しさもあったけど。

ちなみにこれ、3日も連続でやると次は虚無感で大変なことになるので、オフが続きそうなときは無理にでも予定を入れること。笑

 

今日のやつは、1学期分の仕事のリハビリということで。

午後の現時点でぐだるのに飽き始めてるので、もうリハビリ完了っぽい。笑

 

今日のぐだぐだが明日の活力になってますように!

明日からはちゃんと活動するよ!!

 

 

 

 

 

 

 

「素敵な靴を履くと、靴が良い所へ連れて行ってくれる」

タイトルは、ヨーロッパのことわざ?だったかな。

ジムのインストの先生が言ってたやつ。

いいことわざですね。実際そういうの、あると思うんだよね。

ここ最近の私の靴はダメダメでしたwまず、2足のみ履きまわしだから気分が上がらない。飽きちゃった。

靴がどうなのか、とかよりも、朝いかに素早く家を出るかってことになっちゃってましたね。

 

で、今日、久々に某友人Rとランチしたんだけど、その子とランチとかすると、たいてい「ちょっといい店」になるんですよね。しかし、履いていく靴が無い。

そもそも、仕事着じゃない服でカジュアル過ぎないのが見当たらず、着ていくものもない…と思いきや、去年の夏のセールで買ったまま着てなかったものを発見。

服はとりあえずあるけど、靴が無さ過ぎて、しゃーないから仕事用のやつ。しかしそれですらボロい。

これじゃあかーん。

ちなみに友人の靴はちゃんと綺麗だった…反省。

帰りに靴、買いに行きましたよ。っていうか、4月からずっと仕事用の衣類しか買ってなかったし、気分転換の為にも趣味に走ってみた。

普段よく靴を買うのはORIENTAL TRAFFIC。安いし可愛いですから。

www.orientaltraffic.com

セールだと、1足3000円くらいから買えるかな?

定価でも1万は行かない感じ。安定感抜群ですわ。

 

でも、社会人になったし、ちょっと贅沢しよう!ということで、価格帯ちょっと上げてみました。POOL SIDEでお買い物。

www.poolside.ne.jp

 

ダイアナとかは、もうちょい稼げるようになったら買おう…。

で、趣味に走ったサンダル一足と、お仕事用で一足。満足!

写真でも撮って上げるべきでしょうが、めんどくさいので省略。笑

 

靴はすぐボロにしちゃうんだけど、昔から靴買うのが好き。靴なら全然奮発する。一番のお気に入りは、Dr.Martinの黒いブーツ。

 

 一番定番のやつね。

学生の時に買ったから、ほんと清水の舞台から飛び降りたやつですよ。まだちゃんと愛用してる。職場に履いていける感じではないので、プライベートで愛用。

ずーっと使いたい。今までで一番良い買い物だわ。

 

あとお気に入りは、オニツカタイガースウェードのスニーカー。人と被りたくなくて、おしゃれ好きの店長がイチオシしてたから買ったやつ。

スウェードで夏にはちと暑いから、冬になったら履こう。

 

 

靴買って、ついでに自分の好きな服も買って、好きなところに出かけられるように。

っていうかね、そもそもこの夏の目標、「色んな所に行く」だから。新しい靴を履いて、お気に入りの服を着て、色んな所の色んな人に会いに行きたいですね。

仕事のことは一回置いといて、自分と向き合う夏にしたなあ。

そうすると、結局仕事がはかどるんで。生活が充実するのですよ。

 

最近放置気味だった「自分」を、もうちょい大事にしてあげようと思いましたとさ。

さー、夏休みの幕開けだ!!良い夏にするぞ!

 

 

 

 

ここんとこの無気力

ここ2週間くらい、夏期講習だったので、平常時よりだーいぶ余裕がありました。

ありましたから、アグレッシブになればいいものを、どーーゆうわけか無気力病でして。

ほんとダメダメだったなー。

忙しけりゃ紛らわせるのにーとか思ってたけど、むしろ、時間ができたからこそ立ち止まって考えちゃって無気力病気的な。

暇ゆえの病気的な。

だから、必要なことではある。

 

原因はお仕事ですね!ええ!

私の人生、仕事を中心に回ってるからね!そこに何かひっかかりがあると、生活全般うまく回らなくなるんですよねええ。

ちなみに「積極的に嫌」ではなく、ただの無気力。

何でだろうか。

まずね、自分の仕事の意義について再考した。笑

夏は時間できたから、ちゃんと準備して授業に取り組めたけど、そもそもそんな行き当たりばったりの授業クオリティで良いのやら。

数週間前の授業とか、やっつけ感Max。

たまに良い授業やれても、それ、ただの偶然じゃん?

でも常にそんな頑張る余裕がない…

時間が出来た故に駄目さが浮き彫りになるという。

次に、私に求められてることと私の求めてることはあってないんじゃないかとゆうこと。

なんつーか、こんな授業続けてたら、勉強嫌いを量産するだけなんじゃ…

だがしかし、私に求められてるのって、質より量なんじゃないかというね。

それも必要なの能力の一つかもしれないけど、それやり続けてて私が成長できることって限界あるよね?

それに関連して、何か自分のキャリアが思い描けない。

元から、3年くらいは修行だと思って、ってつもりだったけど、この修行を続けた先に未来はあるのだろうか。うーーーーーん。

あと、もっと短いスパンでの計画も見えない。

全体的に行き当たりばったりすぎやしませんかね?

年間カリキュラムとか無いし、ゴールが見えん。多分うちの職場の特性。

目の前のことをこなすのに精一杯。

何だかなあ、私は「有能な国語教師」であることじゃなくて、「有能な勉強管理人」であることを求められてるんだろうなあ。

 

自分の人生レベルで考えたら、まだ立ち止まる時じゃないけど、じゃあ自分は前進できてんのかって話。

前進できてないとしたら、そんなことに日常の大半の時間をつぎ込みたくはないのです。

 

そんなことを考えるきっかけをくれた出来事がありましてね。

結局徒労に終わったけどな。しかも去年と同じパターンで。

去年散々繰り返したからもう慣れたけど!

 

とにかく、先の見通しが欲しい。短期で良いから。

簡単に言っちゃえば、今年一年、いつ何をして、いつが忙しいから調整が必要で、何を目標としてるのか。それを知りたい。

 

前にも書いたけど、人生レベルのことなんか考えずに、目の前のことに必死になれたら本当に楽しいんだろうな。

でもまだ没頭するときじゃないので、ぐずぐず迷いたいと思います。

 

書いたらちょっとすっきりした!

出来ること頑張って、自分で自分の生活は良くしなければ!無気力になっている場合ではない!

 

おまけ。独検は無事合格。

f:id:katywoyton:20170730012713j:image

さらに勉強したいと思います。

 

 

さてさて、夏休みを満喫するぞ!もう腐んないぞ!!