かてぃー先生の日記

国語の先生(女)。仕事とか私事とかいろいろ書くよ。

幸せとは何ぞ

表題の通り、「幸せとは何ぞ?」と考えた機会が最近二つあったので、そんな感じの日記。

 

一つ目。

院時代の友人Mちゃんが、なんとマンションをご購入されたので、お邪魔してきた。

Mちゃんは最近(ゆうて去年ぐらい)ご結婚されてて、旦那さんと新居を買っちゃったそうな。

ちなみにMちゃんについては、タメ・子無し・同業者だけど非常勤。

新居お邪魔して、数回お目にかかった旦那氏も一緒にご飯いただきました。

Mちゃんの趣味が料理だから、ご飯美味しい。

新居だからお家の様子とか見ると、キッチン家電がいっぱいある。

あと、料理好きが揃えてそうな調味料が色々ある。

モノが少なくて、すっきりした綺麗なお部屋だった。

こないだ旦那氏と休み合わせて地方に旅行に行ったそうで、デザートに某有名土産のお菓子もいただいた。

久々にMちゃんに会えたし、私も楽しかったわけですが、その帰り道はめっちゃ自分の人生考えたよね。

同じ院の研究室出て、同じような目標でお互い今の仕事に就いているわけだけれど、彼女は非常勤で私は常勤(勤務形態は専任と同じ)。

就職するときは、仕事第一で考えたら非常勤は絶対にパスだったけれど、非常勤でも幸福度高いのを目の当たりにすると、週6で残業当たり前で働く現状に「これでよかったのか」ってなる。

私が今の働き方をしている限り、彼氏(がいないのでいたとしたら)と休みを合わせてさくっと週末旅行したり、料理(が出来ないので趣味だったとしたら)を楽しむために調理器具揃えるような生活は無理。

現在実家住み。

お金は貯まるし、ただでさえ少ない自分の時間を家事に取られまくるということもない。

ただ、彼氏(がいた場合はその彼氏)と一緒に過ごそうと思うと、週末の数時間のみ。

彼氏いなくったって、親の荷物があふれている部屋で、モノにぶつからないように歩くのにイライラする日々。

家に帰る時間も少なけりゃ、家にいても別に楽しくないっていうね。

 

 Mちゃんの働き方だと、今後給料はそこまで上がることはないだろう。

出世という概念もない業種。

でも、めっちゃでかい幸福ではないけれど、旦那さんとお互いの持ち合わせの中で幸せをちゃんと補えてる。

それを見てると、「自力で生きていく」のに主眼を置いている私の生き方とは…ってなる。

私の今の最大の目標が、自分のやりたいことをやって仕事で充実を得ることなんだけど、この方向性で幸せは来るのか。

自分間違ってたか?大丈夫か?ってなる。

今の私は人様の子の人生に全投入する働き方だけど、それでその子が幸せになったとして、私の人生に幸せは来るのだろうか。

ほどほどに働いて、ちゃんと休みがあって、そこそこに毎日が幸福なほうがハッピーなんじゃないのか。

 

 

 

二つ目。

職場で、女性教員の働き方について、女性だけで会議的なものがあった。

要は産休育休。

うちの職場、数えてみたら、既婚女性が10分の1、子持ちはゼロ。

それはつまり、現状「育児と両立して人生楽しめる職場」ではないということ。

それを何とかしましょう、という会議なので、まーあ改善点が上がる上がる。

でも、どんどん上げていくと、結局女性に限らない根本的な職場の仕組みの話になってくる。

つまり、根本的にダメだから、女性のための制度を整えるくらいじゃどうしようもないうこと。

それを何とかしていくのが求められているんだろうけど、それ、我々が何とかしなきゃなんないんでしょうか。

今のところ育児願望はないけれど、もし自分が子どもほしくなって妊娠した場合、「妊娠した」っていう状態だけで大変なはず。

体の異常事態なわけですから。

何もなくとも大変なのに、なんとかしなきゃいけない負荷も来たら死んじゃうわ。

「現状がだめだから声を上げよう」っていう趣旨は間違っていない。

だけど、出産経験無い人が集合して、説得力のある結論が出るのか。

うちの職場で結婚した女性も、私が働き始めた数年で数名出たけれど、皆いなくなってしまった。

結婚する女性に魅力的な職場じゃないんだろう。

そこで働き続ける意義はあるのか、変わるのを待つほどの価値があるのか。

 

そもそもに、「女性が出産育児をしやすい職場」が女の人にとってハッピーな場所なら、それをしない女性って幸せの勘定に入れてもらえるのか。

多分世の流れは「女性が家庭も持ちつつ、仕事も両立できるのが良いこと」って感じだ。

それ自体はすごく良いこと。

じゃあ、「仕事と家庭を両立できる」環境が当たり前になったときに、自分はそれを選ばなかったことに後悔しないのか。

 

 

まあ色々まとまりなく書いたけれど、私の疑問は「自分の生き方中心の人生で幸せになれるのか」ということ。

でも、悩んだところで、そういう生き方しか出来ないのももう自分で分かっている。

Mちゃんみたいな生き方もすごく素敵だし、そっちのほうが生きやすそう。

でも、多分それだと私は飽きちゃうのだ。

難儀な自分だけど、結局自分の決めた道を突っ走るしかないらしい。

 

じゃあせめて、その方面で幸せになりたい。

切実なお願いです。

 

 

 

 

社会人になってやめたor減ったこと

社会人になってもう三年目。

社会人になってからの習慣もいい加減固まってきたところ。

やめたり減ったりしたことを列挙してみようという試み。

習慣を見直すきっかけにもなりそうだし。

 

①洋服を買う時間

学生の頃は、気になるお店一通り確認して、念には念を入れて考え抜いて、安くなるタイミングを狙って買いに行ってた。

なので、買い物に時間がかかる!

社会人になって、時間がなくなったため、こんな非効率的な買い物はしなくなった。

お金に余裕が出来て、時間に余裕がなくなったため、セールのタイミングは無視。

「行ってたまたまセールしてたらラッキー」ぐらい。

あと、丹念に店を回ることもしなくなった。

仕事着なら

UNIQLO/GU

・Vis

・Rope picnic

の三択。

しかも、三店舗見比べもほぼせず、その時入った店で買う。

仕事着じゃない純粋な私服なら、もうちょっと丹念に探すけど、それワンシーズン2枚くらいあれば良いし。

「洋服を買う時間」ではなく「洋服へのこだわり」がなくなっただけかも。

 

②日々の靴へのこだわり

①に続けてファッション関係で。

私、社会人になるまでは靴にこだわりがあった。

コーディネートを考えて、靴は毎日変えていた。

それが、今や忙しくって、「何を履くか」なんてことを考える余裕がない!!

なので、基本毎日同じで、シーズンごとに変える。

今は毎日、黒のパンプス履いてます。

ってかね、私の好きな靴って、マーチンのブーツとか、ゴツめのスニーカーとか、ムートンとか、どう考えてもオフィスカジュアルにはならないんだよね。

よって、普段の靴へのこだわりは消えた。

プライベートでは相変わらず好きなやつ履いてるけどね。

 

YouTubeとかアマプラとかニコ動とか

つまり動画サイト。

全然見なくなったわ。

就職前は、入浴後(22時半ぐらい)→就寝(1時)までが夜更かし動画タイムだったけれど、今私の就寝23時半だから。笑

単純に時間がなくなったので見なくなった。

昔ほど興味もなくなった。

それでも、好きな「~してみた」系はちゃんとおっかけてるけど。

アマプラは会員やめたほうがいいかもなー。

 

④プライベート用の手帳

就職前は「手帳をキレイに書く」にはまってたんですよ。

日経womanの「手帳特集」とか好きだった。笑

一週間のto doとか、読んだ本や行った場所の記録したり。

でも、まず仕事を始めると、仕事用の手帳を使う。

(教員目指す人、手帳むっちゃ使うから用意しといたほうがいいよ。書く欄多いやつね。)

そうすると、仕事用とプライベート用を分けるのがめんどい。

しかも、手帳にかける時間がない!笑

さらにさらに、プライベートって言っても週末しかない。

よって、書くこともない。

仕事用のやつはデコれないし。

そんなわけで、私の手帳熱は発揮されず。

前はロフトの文具コーナーで、シールやらマステやらちびちび買うのが好きだったんですがね…

今は「買っても使いどころないから」と我慢して、売り場眺めるのみ。

今でも手帳特集は好きだけど、あんなすごい手帳作ってる暇あったら他のことに時間を使いたい。

どうしても記録したいことは、こちらのブログで管理してる。

手軽だしなくしたりもしないし続けられるからまじナイスアイディア、自分。笑

 

⑤立ち読み

立ち読み、激減しました。

今までは立ち読みするために遠回りしたり早く家出たりしてたのに!

何なら帰路に立ち読みスポットを組み込むくらいだった。

今は、早く帰りたいため直帰。

一番減ったのが雑誌を読む機会。

自分で買わないので、唯一定期的に見るのが母の購読するoggi。笑

ただし、惜しみ無く本は買うようになったので、書籍代は別に減ってないと思う。

とはいえ、本屋ぶらぶらは、アイデア沸いたりするのでなるべく取り入れたいところ。

 

⑥半端な飲み会

今、私が出席する飲み会と言えば

・「職場の半強制のやつ」

・「仲良い友人とサシ」

・「アプリ」(笑)

の三択。

今までに出ていた「半端な飲み会」っていうのは、なんとなーく集合して開催されるやつ。

ゼミのオフィシャルじゃない有志飲みとか、その最たる例。

今は、私も知人友人も、みんな週末しか時間ないため、そんなどうでもいい飲み会やらない。

利点は、つまらん飲み会に時間を割くことが減って効率化したこと。

欠点は、同じような人としか会わなくなること。

あと、いらん二次会も出なくなった。

こないだ久々に職場の飲み会で三次会まで出たけど(笑)、普段は一次で絶対帰る。

 

とまあ、こんな感じですね。

他にもあるだろうけど、面倒くさくなってきた。笑

これだけのことを切り捨てても生活回ってるので、今までにいかに無駄が多かったことか。

今、仕事の拘束時間が長いから、いらんものは極限まで切ってると思う。

悪く言えば余裕のない、良く言えば無駄のない、そんな生活になりましたわ。

 

 

 

 

 

また一つ年を取ったよ

こないだ、誕生日を迎えました。

28歳になったよ。

大学生の時には、28歳ってもっと先だと思ってた。

社会人になってから、自分の実感と実年齢が3年ぐらいずれてる。笑

多分、院にいた3年間で時空が歪んだんだ。笑

なので、気持ち的には25歳。これは割とがち。

しかし、実年齢は、嬉し恥ずかし、28歳ですわ。

 

「20代後半にもなると、誕生日が別に嬉しくなくなる」と先輩から聞いてはいたけれど、

自分が実際20代後半になってみたここ数年の実感としては「誕生日が(年を取ってしまうから)悲しい」ではなく、「誕生日もただの一日」ということ。

「別に嬉しくない」のは、「悲しい」という意味ではなく、「日常化」ということ。

女性には「悲しい」族も多いと思うけど、自分は別に、うーん、そこまででもない。

焦りの方があるかも。

「年を取ったのに成長が足りない自分」への焦り的な。

昔、20代前半の頃に友人と「30代までに人生が落ち着いてればいいよねー」と話した。 

友人は大学卒業後に6年制の大学に入り直したし、私も3年も院に通って社会人を延期した。

そんなわけで「20代はフラフラしててもいいっしょ」と思ってたけど、少なくとも私は、あと2~3年で何かが落ち着く気はしない。

 

ただの一日に成り下がった誕生日だけど、遠方に住む祖父母は毎年欠かさずお祝いを送ってくれて、親もケーキ買ってくれて、昔からほんとに仲の良い数名の友達はLINEでメッセージをくれた。

今年は職場で誕生日アピールをしなかったから、生徒からはほぼ何も言われなかったけれど、それでも2人覚えてくれてた生徒がいてびっくりした。

社会人になって数年が経過して、誕生日がイベントじゃなくなっても、きちんと祝ってくれる人がいるかどうかは、社会的繋がりという意味で大事かもしれない。

 

28歳になったから突如何かが変わったわけではない。

でも、一応自分の中での「◯歳の時の自分のイメージ」みたいなものはある。

誕生日を迎えると、そことの差を埋めなきゃという気分にはなる。

28歳の私は、予定では、将来の見通しの立った、知的で精神的に余裕のある人だった。

現実はどうかというと、そりゃ昔の私よりは余裕が出てきた。

20代も後半になってくると、お金にも余裕が出てきて、仕事も余裕が出て来て、地位もまあ多少は上がる。

ぱっと見は落ち着いた感じになってくるかもしれない。

私だって、落ち着くところは落ち着いた。

昔みたいな無闇矢鱈なやけ食いが無くなり、周りの目を気にしまくるのが減り、家族への反発もだいぶ減り、無鉄砲な迷走が減った。

訳もなく悶々とすることも無くなって、折り合いが付けられるようになった。

お金と時間の無駄遣いがなくなった。

効率的に、生きやすくなった。

折り合いを付けられるという意味でいえば、中身が無くても、まるでちゃんとあるかのように、取り繕うことは出来るようになる。

若い頃よりも、ずっと上手に取り繕える人が増える。

取り繕ってしまえば、中身を追及して苦しむこともないだろうし。

でも自分は、ちゃんと「理想の28歳の私」との差を見つめて、他人に対しては落ち着いて、自分に対してはもがき続けていようと思う。

持ち上げてもらうにはまだまだ早い。

したっぱの現実をもう少し噛み締めておこう。

 

そんなわけで、ハッピーバースデー28歳の私。

 

 

 

 

「名探偵コナン 紺青の拳」見てきた(※ネタバレ)

GW恒例、コナン映画観てきました。

満員御礼!想定通りの混雑っぷり。

いつも通り、箇条書きで感想いってみましょう。

普通にネタバレしてます。

 


f:id:katywoyton:20190512112557j:image

 

毎度お約束の…

・映画に出てくる特徴的な建物=爆破、がお約束。となれば、あのホテルをぶっつぶすしかないよね!!

・困ったときの鈴木財閥。お金のかかることはお任せあれ。

・今年も来ました「らああああん!!」。毎年ご苦労様です。

・蘭が居るところ=爆破。蘭、お前はもう家で大人しくしてろ…。

・「再開発したいからシンガポールをぶっ壊す」なんて狂ってるって?

今までにも、「建物がシンメトリーじゃないから爆破」(「時計仕掛けの摩天楼」)、「自宅からの絶景を邪魔するビル建てたやつらを連続殺人」(「天国へのカウントダウン」)等々、色んな犯人がおりました。

ちょっと狂ってるぐらいじゃないと、コナンの犯人務まりません。

・爆破するなら盛大に。転がる観覧車も笑ったけど(「純黒の悪夢」)、今回は滑り落ちるマリーナベイサンズ。

・コナンの登場人物は皆人外。弓矢をかけのぼるコナン君(「迷宮の十字路」)、ピストルの銃弾避ける蘭ねーちゃん(「漆黒の追跡者」)等々、数多の伝説を残して来ました。

今回は京極さん。スーパーサイヤ人かな?!

 

本作ならでは

・笑えるくらい強い、なのに腰は低くて謙虚。彼女思いで超ピュア。京極さん、最高の旦那になれるよ…。

ちなみに私、だーいぶ前から京極さん(と、高木刑事)推し。

みんなーーー!安室さんもいいけど、京極さんもいいぞーー!!

・長らくコナン追っかけてるけど、「園子が可愛い」と初めて思った。可愛いやん、女子かよ。

金持ちで可愛くて彼氏最強とか、園子恵まれてんな…どれか分けて。

前髪下ろした方が可愛いよ!

・コナン×キッドが手を組むとか!最高か!!真逆の方向を目指す二人だけど、それぞれのスペシャリストだからもう最強。

・そういえばコナン君海外初進出おめでとう。そして、毛利家の皆さん、その人コナン君だから。ちょっと色黒くて喋り方変わってても95%はコナン君のままだから。

皆、気づいてあげて…。

・びっくりするほど英語。コナンワールドでは、言語は無視してたような気がするけど、今回はマジ英語。

英語の勉強にもなるね。やったー!

 

まとめ

最強なのにピュアな京極さんと、意外と可愛い一面を見せた園子のラブコメを楽しむアクション映画。

推理パートも難しいけれどしっかりしてるので、そちらを楽しみたい人もどうぞ。

ただし、「キッドvs京極さん」はほぼないので、そちらを期待する方はコミックの方へ。

歴代一位とは言えませんが、映画館行って損は無し。

おすすめです。

 

 

 

 

 

平成の間に彼氏ができなかった私おすすめのデート店

いよいよ平成が終わりますね。

ゆうて平成にさしたる思い入れもないんだけど、テレビとかはずっと平成特集やってるね。

表題の通りなんですけど、ついに平成の間に彼氏が出来ないまま終了いたします。

歴史刻んでまうわ…。

そんな私も、平成の終わり三年らへんで危機感を抱き、アプリを駆使するようにもなりました。

で、必然的に色んなお店に行く機会が増えたわけ。

基本、男性がお店選んでくれることが多いので私チョイスの店ではないところも多々ありますが、「アプリで出会う男女向けのお店」を紹介してみようかと。

ちなみに、あくまで彼氏ができなかった我がおすすめする店です。

というわけで、必勝パターンではありません。

何なら必敗パターンw

ただ、お店に罪はなかったと思うので(笑)(涙)、だれかアプリからデートに発展した人の役に立ってくれれば幸いです。

 

場所:新宿

基本、初回に会う際は新宿を指定。

私にとってかなり便利な場所で、かつ、「新宿は不便すぎて行きにくいです」という人はいないので。

ただ、新宿には大きなトラップがある。

それは、「店のアタリハズレがでかすぎる」ということ。

恐らく、いろんな客層が居すぎるのでしょう。

十代とアラサーで、デートで使う店が同じはずがない。

ちなみに、これが恵比寿とか目黒とかだったらそうそう外れない。

なので、そもそも「新宿を選ばないで恵比寿に行く」という手もある。

 

がしかし、アプリあるあるの会話が

男「じゃあご飯行きましょう!どこが来やすいですか?」

私「(別に目黒も恵比寿も近くないので)新宿が近くていいですね!」

ってなっちゃう。

だって、目黒恵比寿あたりより、断然行きやすいんだもの…。

 

ちなみに、新宿的なトラップがありがちな場所としては他に、渋谷・池袋が挙げられる。

新宿をはじめ、このへんのお店に行くなら、お店選びが超重要である。

 

初回デートにおすすめ

まず、初回に選ぶべき店の条件を列挙してみる。

 

①ちゃんとご飯が美味しい

「当たり前やろ」と言われそうだけれど、これは超大事である。

「相手が好みだけれど話がつなげない」みたいなシチュエーションになっちゃったときは、メニューの話でつなげる。

あと、店選びが良いと、ポイントが上がる。

「ちゃんと選んでくれたんだなー」みたいな。

逆に、マジ好みじゃない相手が来ちゃった場合、「せめてご飯は美味しかった」ということで、自分を慰められる。

よって、どんな場合であれ、ちゃんとご飯が美味しい店を選ぶのは、特に初対面同士で重要。

(逆に、二回目以降でちゃんと関係が構築されていれば、どっか行った後に流れで適当なお店に入るのは全然問題ない。)

 

②「雰囲気だけの店」禁止

ほぼ①と同じだけど、新宿あるあるが「食べログとかの店内写真はお洒落だが、飯が(不味いということはないが)今一つ」みたいなお店。

雰囲気詐欺かよ。

雰囲気だけの店に惑わされないための方法をいくつか。

まず、「やたら展開している系列店は外す」

金蔵だの東方見聞録だの、「ザ・チェーン」はさすがに行かないだろうけれど、実は××会社の系列~みたいなことは多々ある。

www.sld-inc.com

こういうやつ。

そういうところは、フードに力を入れていない限りは、雰囲気詐欺である。

決して不味くはないし、雰囲気はいいんだけれど、特筆すべきものがない!

行ってもテンション上がらない。

 

こういう系を避けるための一つの手段としては、ぐるなびとかRettyとか食べログとかで「新宿 デート 夜」で検索したときに出る一覧の中の[PR]ってついてるやつは外す。

 

③やたら特徴的な店は外す

しょっぱなでお互いのこともよく分かってないので、特徴が濃い店は外す。

オイスターバーで相手が牡蠣食べられなかったら終わりだし、ベトナム料理で相手がパクチー無理だったらいちいち抜く羽目になる。

「本場の味の中華」とか言われると、唐辛子ニンニクMaxの可能性があり、気にする女子は気にする。

「インド料理がおいしい」が売りの場合、互いにカレー一皿ずつ頼んであんまりシェアとかせずに終わる可能性もある。

あと、「お酒が豊富」を売りにするお店も、相手が全然お酒飲めない場合厳しい。

っていうか、「お酒に対する温度差」が違うと厳しい。

やたら詳しい人と、二杯くらいで十分なカップルとか、難しくない?

というわけで、私は(女性なので初回の店を選定する側に回ることは少ないけれど)なるべく、「ご飯の美味しい落ちついた和食居酒屋」を選ぶ。

一番ハズレがない。

 

④ムーディーすぎるお店禁止

初回からやたらムーディーなのは厳しい!

相手が好みじゃなかったらお互いに苦痛だし、好みだとしても女子的には怖いんじゃないかと。

tabelog.com

こういうやつね。

いきなり水槽のあるレストランでディナー厳しくない?笑

あと、初回から完全個室もやめときましょう。

会話が弾まなかった時が地獄すぎる。

 

⑤予算5000円くらい

あんまり高すぎるとお互いに負担だし、安すぎると軽く見られている気がするので。

お酒2杯のんで5000円くらいの店を目指す。

 

では、実際におすすめのお店を紹介。

新宿の駅から近くてわかりやすい場所にあり、あまり高級過ぎないお店です。

 

①「炉とマタギ

tabelog.com

「特徴的な店はよせ」と言いつつ、しょっぱなからジビエ。笑

ただ、意外と食べやすいというか、普通にお肉。

お店も、居心地は良いけどうるさすぎず、「なんかいいお店知ってるね」みたいな感じになる。

珍しいお肉も多いので、メニューで会話を楽しんでみては。

 

②北九州酒場

tabelog.com

半個室で落ち着いてご飯食べられる。

ご飯がちゃんと美味しく、おいしいお酒もいっぱいあるので飲める人はより楽しい。

店内も綺麗。

 

梅の花

tabelog.com

またいきなり特徴的な豆腐料理ではあるんだけど!笑

まあ行く前に「豆腐好き?」ってのは聞いたほうが良い。

ちなみに私、豆腐ルーティーンというものを2~3回やったことがあるんですが(「豆腐好き?美味しい豆腐料理のお店あるよ!」という誘い方)、豆腐は大体みんな食いつきが良い。

「豆腐美味しいよね!行きたい!」みたいな。

みんな日本人だね!!

女子は特に好きだと思うので、男性諸君はぜひ豆腐ルーティーンを行ってほしい。

ちなみに、こちら梅の花は、結構家族?親戚?の会食とかにも使われてたので、いかにもデートな雰囲気は控えめ。

健全に高級感ある感じ。

 

もっとデート感を出したいなら、空野がおすすめ。

tabelog.com

渋谷と恵比寿に店舗あり(新宿には残念ながら無い)、渋谷のほうがよりムードある。

ただし、渋谷店は駅からちょっと遠くてわかりにくい。

恵比寿店は駅近だしカジュアルなので、初回にもおすすめ。

 

 2回目以降

ちょっとムードの良いお店は2回目以降に。

価格帯や場所は、初回の時とあんまり変えてない。

 

①お茶漬けBAR・ZUZU

tabelog.com

薄暗く、おしゃれで、大変ムードのある感じのお店。

入り口が狭くて、何か隠れ家感がある。

カウンターもいいけれど、床にベタ座り出来る席(掘りごたつではないんだけど)もあって、そこもいい感じ。

「お茶漬けBAR」とありますが、別にお茶漬け以外のメニューもそこそこ美味しい。

めっちゃ美味しい料理というわけではないけど、まあ雰囲気代も足して合格点。

30歳超えたら行かないかなー。

雰囲気は本当に良い。いちゃつけそう。したことないけど。

 

②茶茶白雨
tabelog.com

お茶漬けBAR・ZUZUよりも、だいぶ大人な雰囲気。

初回に回すにはもったいない!

薄暗いけれど高級感があり、まじで良い。

さらに、食事はおばんざいだけど、こちらもちゃんと美味しい。

なお、姉妹店に茶茶花というお店もあるらしく、行ったことはないけれどこっちも良さそう。

tabelog.com

 

バリラックス ザ ガーデン

tabelog.com

雰囲気が異国。入り口からめっちゃ異国。

そして、カップルシートがなんともエロっぽい。

こんなところ、仲良くもなってないのにつれてこられたらかなりキツイ。

けど、良い感じのお相手とかならいいんじゃないんでしょうか。

お持ち帰りへの展開が容易に見られそうな空気感。

なお、私は女二人でカップルシートしたので、何も起こりません。ご安心ください。

新宿野村ビルに入っているので、迷わずすぐに行けるのも良き。

 

④NO MEAT,NO LIFE

tabelog.com

綺麗なデート向きのお店で焼き肉。いいんじゃないでしょうか。

初回から「焼き肉食べたーい♡」とか言うと金食い虫と思われそうなので、2回目以降にしたほうがいいかも。

あと、焼き肉焼くのにも忙しいので、会話に手が回らなくなりがちなので、多少親密になってからが良いかと。

まあ私、ここ、初めてアプリで会った人との初回で行っ(て、最終的にふられ)たんですけどね!!爆

 

焼き肉ならこちらも。

tabelog.com

駅からちょっとだけ離れる+一本入ったところにある、ので、分かりにくいっちゃ分かりにくい場所かもですが、全然こちらも有り。

NO MEAT~よりデートデートしてないけど、こぎれいな感じが好き。こっちのが好きかも。笑

コスパもめちゃ良し。

 

以上、彼氏できないまま平成を終えたアラサーが勧める、デート向きのお店でした。

なお、令和初日、上記いずれかのお店を利用して初回の方とお会いしてきまーす!

いい加減、良い出会いがありますように…。

 

GWが感じられないので焦る

GW始まりました。

皆心待ちにした、華の10連休。

なんですが。

3日目現在にして、ほぼ全くGWを感じられておりません。

いや、平常時に比べれば休めてるけどね!

何か「10連休!色々出来るぜ!!」的な高揚感が無。

夏休みばりに長いはずなのに!

夏休みのが全然嬉しかったな…まあそれは旅行行けたからか。

 

っていうか、そもそも9連休にしかならない。

初日の土曜がノーマルに仕事なので。

で、その後はずっと部活の試合引率に駆り出されている。

別にね、試合が勝ち進んでくれること自体は喜ばしいことですよ。

でもねー、こうもガンガンGWを消費されていくとなると…涙

 

よくよく考えると、自分が現役だったりコーチだった頃に、休みが試合で潰れるのは全然問題なかった。

問題とも認識してなかったし。

で、今バスケ部顧問だから、バスケの引率なので、バスケの試合をぼんやり眺めている。

別に好きな種目だから問題ないはずである。

選手だった現役時代はさておき、大学のコーチの時と現状は変わらない。

なのに気が乗らないのは、自分がいなくても大丈夫だから。

プラス、中学バスケ業界に親しくお話しできる人が皆無だから!!

試合会場行っても、置物のごとく黙っております。

まあね…やりがいがないから気が乗らないけど、やりがい生まれたら責任生じるからね…現状維持でいいやと思ってしまう。

なので、バスケ見られて楽しいなーぐらいのノリで行ってる。

一つだけありがたいのは、今年から何かチーム強くなったので、試合自体は見ていて面白い。

GWはバスケ観戦を楽しんだと、ポジティブに考えたいと思います…。

 

しかも、これに加えて謎の出勤日もあったりして何かもう無理。

出勤したくねえわ。あー。 

 

昨日会った先生は、私どころの騒ぎじゃないレベルで休みなくて、私が代わりにこの職業呪いそう。

つらみ。

 

 

まあね、平常時よりかは多少の自由時間が見込めるので、それを活用して頑張ろう。

本読みたいし、勉強したいし、運動したいし、遊びたいし。

コナンも見に行かなきゃ。笑

 

現時点ではGW感がないのが焦りでしかないけれど、ここからまたしばらく休みもないので、出来ることはやっておきたいと思います。

 

 

 

 

新年度始まってからの諸々、箇条書き

タイトル通りです。

まとまるほど長い話もないので、つらつら箇条書き。

 

①嫌なのは労働時間が長いことではなかった

最近の気付き。

教員始めて最初の頃は、「12時間労働の週休

1日制とか長時間労働すぎてまじ辛い」と思ってました。

が、最近、状況は変わってない、てか、より長時間労働になったのに!辛くない!!

辛いのは仕事の内容の問題であり、嫌じゃないことならえぐっても大丈夫な人間であったのを思い出した。

それだけ仕事が辛くなくなったってこと。

 

②卒業というゴールがあるのが心の安定剤

今年度の目標に「卒業」を掲げた通りですが、誰の卒業であるにしても、ゴールが設定されていると心が平静。

生徒に関しては、明確な目標が出来てきたからそこに向かわせれば良いだけ。

ゴールが見えてると、頑張ることが苦ではない。

「永遠に頑張るわけではない、今だけ」と思える心の平静。

しかも、ちょっと大変なときに「この一年だから頑張ろう」と踏ん張れる。

 

③ハマれば仕事は麻薬

この一年は本当に必死で頑張ろう、と思ってるし、頑張ると楽しい。

必要に駆られた頑張りはマジ辛いけど、自発的な頑張りって楽しい。

でも、今までハマらないように気を付けてた節はあるので、今でも割と冷静な目はある、と思う。

今の状態でもまあ楽しいけれど、恐らく客観性捨ててどはまりすればめっちゃ楽しいと思う。

そして、教師というのは、どはまりするだけの価値もある。

やるほどにハマる人がいるのも納得。

私には完全に溺れるのは無理だけど、もうちょっと初年度からはまれば良かったかも…と思うところもなくはない。

はまることについては一長一短だけれど、麻薬性のようなものは理解できた。

で、片足突っ込んで理解できると、完全に中毒になっている人と若干分かり合える。

若干分かり合えると仕事が円滑。これ大事。

 

④カリキュラム作りたい

今、完全フリーのカリキュラムでやってる授業が一個あって、それが楽しい。

私は人の作った仕組みで働くのは全然テンション上がらないってことに気づいた。

このカリキュラム、まとめてどっかに発表したい。ってか、この夏する。目標。

 

⑤仕事がまわるとプライベートもよくまわる

これは、部活やってたときも思ったけども。

生活の中心になってるものがうまくまわってると、そこに労力費やしても、他が滞らない。

それを思うと、今まで滞りすぎの感がある。笑

④の件も、プライベートに精神的な余裕があるからやろうと思えるんだろうな。

 

 

以上、雑記でした。

要は、卒業という目標があることで、今までになく仕事が円滑で、よって精神が安定しており、ここ数年来で一番元気ということです。

なお、彼氏は未だおりませんので、その点だけは全く円滑ではございません。

が、総じて私は元気です。